スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/155-dc3d4c79
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 太宰が書かなかった「メロス」のその後

太宰が書かなかった「メロス」のその後

  • 2006-05-26 Fri
  • Hobby
  • No Tag

分かりやすい物語、共感を得やすい主人公の正義感で、教科書にも採用される『走れ、メロス』

太宰は、国王との約束を果たし、帰ってきたメロスと分かり合えた所で物語を終わらせます。

さて、その後、メロスはどうしたのでしょう?

  1. 親友セリヌンティウスと共に、国王の側近として仕えた
  2. 妹夫婦と共に、羊を育てながら、のんびりと暮らした
  3. 物語の終わりに登場した、服を差し出した女性と恋仲となり、結婚、仲睦まじく暮らした
走れメロス
新潮社
太宰 治(著)
発売日:1967-07
おすすめ度:4.8

教育的な配慮を交えて考えると、こんな感じかなぁ?


しかし、物語のテーマを組入れると、多分こんな感じ。

「万歳! 王様万歳!」 ……というところで物語は終わります。

国王は民衆から絶大な支持を得たところで、
「おお、メロスよ、わしは人を信じる事の美しさ、約束を守る事の大切さがよく分かったぞ。ありがとう、ありがとう!」

再び歓声が上がります。

数日後、メロスと国王の「約束」は果たされます。

勇敢な若者の葬儀は、国費を持って盛大に催されたとの事です。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/155-dc3d4c79
Listed below are links to weblogs that reference
太宰が書かなかった「メロス」のその後 from ekken

Home > Hobby > 太宰が書かなかった「メロス」のその後

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。