スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/148-6c0e055a
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from 『斬(ざん)』 2006-05-24 Wed 20:47

閲覧制限制ブログの嫌悪感について 

■ekken♂:パスワード制ウェブサイトが楽しくない理由を読んで、PASS 制ブログ運営者として、思うことをつらつらと。 PASS、つまりパスワードを知ってる人は PASS できる。 非公開、誰にも見られない自分だけがみられる状態。 結局、問題はリンクからのリファで、相手に (more…)

Home > スポンサー広告 > パスワード制ウェブサイトが楽しくない理由

パスワード制ウェブサイトが楽しくない理由

mixiに代表されるSNSもそうだし、ブログサービスでもパスワードをかけてアクセス制限をしているところがあります。

公にする必要の無い情報、あるいは公にされると困る情報などを、ネット上で仲間にだけ公開できるのは人によっては便利なのでしょうが、個人的にはあまり参加したいと思わないのが本音。

パスワード制御とか指定アカウント保持者のみの閲覧許可って、要するに「自分の意図しない人には読まれたくない」「嫌いな人は(パスワードを変えたり閲覧拒否アカウントにして)出て行ってもらう」ということですよね。

それぞれのアクセス制限可能サービスにおいて、どこまで規約に盛り込まれているのかは知らないのですが、その仲間内で物事を穏便に済ませようと思ったら、アクセス制限をかけているサイトの内容を引用するのって、恐らくマナー違反になるという暗黙の了解があるんだろうなぁ。

引用されたり転載されたりしたら、アクセス制限をかける意味が半減するだろうし。

仮に引用や部分転載がそのコミュニティ内で認められていたとしても、それをオープンなブログ上で行うには、その出所へのリンクをするのが慣例だと思うのね。ところが読者は必ずしもそのコミュニティの参加者ではないわけだから、リンクがあってもそこへジャンプできないわけで、多くの読者にとって意味不明になりかねないエントリになるわけです。

自分達のことを外部で語られたくないから、アクセス制限可能な場でコミュニティを形成しているのかもしれないけれど、このブログにも時折そうしたサービスからのリファラが飛んできていて、つまりは「俺たちは見えないところでオマエラのこと言及するけれど、俺たちのことはさせないよ」つーことなのね。

別に「アクセス制限をかけたサイトをやっちゃイカン」とは思わんけど、アクセス制限をかけたサイト内の話を、部外者に向けて興味を持たせるような素振りを取るのは、なんかゲヒンよね。

クローズな場で書かれていることを、オープンな場で適当にぼかしながら読者の好奇心を煽り、そこから読む人を選別する行為がありそうで、いやぁな感じ。

自分が参加していても、その事を表向きに発表はしたくないな。

blog comments powered by Disqus

Comments: 13

#1146 Bar URL 2006-05-22 Mon 01:44

なんだ、まだmixiに招待してもらえてなかったんですか。だったら素直にそういってくれればいいのに。まったくツンデレなんだから。マイミク? はいはい、なってあげますよー。あしあとも毎日つけてあげるから安心して。

ほーら、もう疎外感を感じなくてすむわよ。

#1147 くっぱ URL 2006-05-22 Mon 07:50

オープンの場でのコンテンツや人をオープンな場で利用したり言及できるのは、その利用・言及方法が適法かどうか誰でも監視できるから筋が通るのであって、クローズドな場所でその場以外からのコンテンツを利用したり、外の人について言及したりすることに関しては、下品か上品かということ以上に、著作権法違反、名誉毀損、侮辱などの行為が起こっていないことを世間が監視しにくいサービスが提供されていること自体に問題があるような気がします。

#1148 はむはむ URL 2006-05-22 Mon 10:25

>仮に引用や部分転載がそのコミュニティ内で認められていたとしても、それをオープンなブログ上で行うには、その出所へのリンクをするのが慣例だと思うのね。

とっととあなたの「ネット右翼」観の出所をリンクしてくださいよ?

#1150 pin URL 2006-05-22 Mon 13:38

とりあえずの解決策としてWebの規格かかん週で、会員制のクローズなページからの遷移ではブラウザはリファラーを吐かないようにするとかどうでしょうね。

#1151 えっけん URL 2006-05-22 Mon 15:27

まったくくっぱさんの言う通りかと思います。
ただ、僕にとっては「監視しにくいサービスでそういう事をやる」のがゲヒンだなぁ、と思うのです。

あとブクマコメントを見るとmixi批判のように思われているようですが、これはパス制サイトをやっている知人に向けたメッセージです。

>会員制のクローズなページからの遷移ではブラウザはリファラーを吐かないようにするとかどうでしょうね。

アク解の設定で、今現在わかっているその手のサイトは表示させないようにできるかもね。

#1156 ARM URL 2006-05-23 Tue 18:02

「パスワード制ウェブサイトが楽しくない理由」は何処に書いてあるのでしょうか?
何度本文を読んでもパスワード制ウェブサイトに対する嫌悪感が吐露されているだけのように見えるのですが……。

#1157 えっけん URL 2006-05-23 Tue 18:27

■自分も参加していたトして
・引用することに抵抗感がある。
・外部からリンクしても、読者が閲覧権限を取得していなければ意味がない。
・自分がパス制サイトに書いた事が外部に漏れるのは不本意。

■自分が参加していない場合
・パス制サイト内で言及される事は不愉快(何が書かれているかわからないので)。

#1159 LSTY URL 2006-05-23 Tue 19:18

メインブログからサブブログにリンク貼ってないのに、メインでサブブログの話題を書く人って、もっと鬱陶しいと僕は思います。
SNSだと諦めがつくだけ、まだましだと。

#1160 えっけん URL 2006-05-23 Tue 19:25

はてブコメントでkenさんも言ってたけど、リンクも貼らずに裏とか表とか言い出すのも鬱陶しい。
裏で表が云々言うのはまだいいけど、表で裏がどうのこうの言うな、と思う。

サイトに表も裏もねぇだろ。

#1161 よしとり URL 2006-05-23 Tue 19:45

これってパスワード制ウェブサイトが(第三者から見て)楽しくなさそうに見える理由ってことですね。自分でクローズを立ち上げてない以上このタイトルはあまりいいものではないと思います。

#1162 はむはむ URL 2006-05-24 Wed 09:42

>■自分が参加していない場合
>・パス制サイト内で言及される事は不愉快(何が書かれているかわからないので)。

ここやはてなダイアリーで君に面と向かって言っていることとまったく同じことを言っていますが何か?(藁

#1388 ピーちゃ♪ URL 2006-06-03 Sat 21:22

>サイトに表も裏もねぇだろ。
、、うっかり突っ込みかけた。
こういうネタ、はむはむさんから取り上げちゃいけませんね。(笑)

はてブにも似たような面があるので、はてブコメを駆使している人が指摘しても説得力がない。。ってことに、私は突っ込んでおきます。

#1389 ピーちゃ♪ URL 2006-06-03 Sat 21:27

>はてブにも似たような面があるので、はてブコメを駆使している人が指摘しても説得力がない。。ってことに、私は突っ込んでおきます。
失礼、読み切れていませんでした。

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/148-6c0e055a
Listed below are links to weblogs that reference
パスワード制ウェブサイトが楽しくない理由 from ekken
Trackback from 『斬(ざん)』 2006-05-24 Wed 20:47

閲覧制限制ブログの嫌悪感について 

■ekken♂:パスワード制ウェブサイトが楽しくない理由を読んで、PASS 制ブログ運営者として、思うことをつらつらと。 PASS、つまりパスワードを知ってる人は PASS できる。 非公開、誰にも見られない自分だけがみられる状態。 結局、問題はリンクからのリファで、相手に (more…)

Home > Web > パスワード制ウェブサイトが楽しくない理由

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。