スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/140-bbede2ec
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > お返しトラックバックは推奨しません!

お返しトラックバックは推奨しません!

それが礼儀だ、と考えているのか、トラックバックを送ると、必ず「お返しトラックバック」を送ってくる人がいます。

送信者側の記事に、受信者側へのリンクの無いトラックバックなら、「相互リンク」を成立させるために理解できるのですが、受信者側へのリンクがある場合、お返しトラックバックは、あまり意味が無いもの、と考えます。

きっかけはこれ。

   今日の幸せ   :とにかく、ありがとう。

Unknown (Ken)

>リンクが貼ってあるのに再度、お返しトラバって、どんな意味があるんだろう。
結構、ちゃんとした意味(というかメリット)があります。
その意味を意識して送っているひとは少ないかもしれませんが。
仮説でもいいから、答えを考えていただけたら、
僕が考えた正解を教えます。


あくまでも僕なりの答えですが (Ken)

●社交辞令の場合
トラックバックを送られた相手の記事に対して、コメントを残すほどでもないような場合に、トラックバックを送り返して終わりにする、というのはよくあるパターンですよね。(なぜ嫌なんですか?)

●アクセス解析による分析
gooブログ・アドバンスのユーザ数人で調べたことがあるのですが、記事の中のリンクをクリックするひとの数は、実際にはそんなに多くはないんです。記事にもよりますが、多くて2割程度ではないでしょうか。(常連同士の場合はもっと少ない。)
アクセス元URLを分析してみると、記事からのアクセスよりも、トップページ(即ちサイドバーのRecent Trackback)からのアクセスのほうが遥かに多いことがわかります。
つまり、トラックバックを送ることによって、アクセス数を増加させる効果があるわけですね。
アクセスアップを目標とするブログにおいては、かなり有効な手段といえるでしょう。


※太字は越後屋の手による物です。

受信者側へのリンクがあるトラックバックにおいて、受信者がトラックバックを送り返すことに、僕は双方のメリットはほとんどないものと考えます。

強いてあげるとすれば、「貴方のトラックバック記事を読んだよ」という意思表示でしょうか。送り返された側のブログに、「貰ったトラックバックの数が増える」ということもあるかもしれませんが、僕は「トラックバックの数だけを集める」ことは、何の意味もないものだと考えていますから、これはメリットにはならないとします。社交辞令は人間関係を円滑化する意味があるのかもしれないですが、お返しトラックバックに意味を見出さない人に「社交辞令として」お返しトラックバックを送っても、「人間関係の円滑化」の意味はないわけでして。

「記事中のリンクをクリックする人は少ないが、サイドバーのトラックバック一覧からの訪問者は多い」という点についてはどうでしょうか。

敢えて酷な言い方をさせていただきますが、それは、始めにトラックバックを送ってきた人の記事の書き方がが、単にへたくそなのか、そのブログの読者の質が低いからでしょう。

誰かの記事に言及するような記事を書く際、週間!木村剛のように、(ほぼ)全文転載によって「読者の利便」を考え、「そのブログのみ」読めば良いような書き方がありますが、僕はこの方法は、絵文禄ことのはの松永さんが仰っているようにブログというもののメディア特性を生かしていないという意味において、ブログ主としての資質が低いことを露呈している物だと考えます。

他者のブログの記事について言及する場合、「言及している先のブログも読んでみたい」と思わせることが「優れた書き手」が行うことだと思うし、そうしたリンク先も読むことが、ブログを楽しむことを満喫できている「優れた読者」といえるのではないでしょうか?

そういう意味において、サイドバーに表示されたトラックバック一覧からしかジャンプしない読者は、まだまだブログを楽しんでいるとは言い難いように思えるし、また、そうした事実があるのなら、お返しトラックバックという「自分のブログのアクセスを増やすため」だけの行為のために、相手のブログのトラックバック一覧に表示されている、簡単に消されてしまうにはもったいないかもしれない、良質なトラックバックを一つ、消してしまっていて、このことはお返しトラックバックされた側には、デメリットにしかならないものと考えます。


お互いにお返しトラックバックを送りあうことが許容されている場合は別にすれば、自分のブログ主としての質を低くしないためにも、お返しトラックバックは送らないほうが良いでしょう。

   今日の幸せ   :携帯ワン切り/お返しトラバ

「要するに、自分のところへ、アクセスしてもらう為に、どこかからトラバはいったのを幸いに、せっかく面倒な思いをして、リンクを貼ってあるのに、リンクでは効果が薄いからお返しトラバいれますよ。」とストレートに解釈していいわけだ。

persempreさんのこの発言は、若干被害妄想に過ぎる気もしますが、僕はこの強烈なイヤミ、結構好きです。

blog comments powered by Disqus

Comments: 13

#1116 えっけん URL 2005-03-12 Sat 21:02

COMMENT
いえ、それは極めて理想的なトラックバックの使い方ですから。

#1117 えっけん URL 2005-03-12 Sat 21:04

COMMENT
>同じ単語があるだけで、送られて来たトラバ、しかも他にもたくさんに送りつけている相手にはトラバ返しをする事にしました
僕は黙って消します。
どうせ向こうはこっちの記事なんて読んでいないし。
あと、内容的にあまりにトホホなものであれば、「宣伝トラックバックうぜぇ」と言う概要で、こちらのトラックバックポリシーを謳った記事でリンク返し。

#1118 五円玉 URL 2005-03-12 Sat 21:18

COMMENT
私はお返しトラックバックの意味がわかりません。
自分がトラックバックするときはリンクページを書くからそれでいいとは思うんですけど。
お返しされてもそのまま放置。

#1119 persempre URL 2005-03-12 Sat 21:39

COMMENT
読みました。 タイトルの件ありがとうございます。

#1120 えっけん URL 2005-03-12 Sat 21:54

COMMENT
相互リンクを完成させる、リンクなしトラックバックのお返しは別として、意味なんか無いでしょうね。
トラックバクを送る行為に対して、満足感を得ているだけなんじゃないですか?

#1121 Lefty URL 2005-03-12 Sat 22:21

COMMENT
その元記事のコメントからの流れで思ったのが。
>始めにトラックバックを送ってきた人の記事の書き方がが、単にへたくそなのか
ということ。単純に記事末でリンクだけ書いてるのが結構あるからな…。
その記事を読んでほしいと思ってリンク張ってるんだから、もう少し考えてできたらいいなと「私は」思います。

#1122 えっけん URL 2005-03-12 Sat 22:49

COMMENT
>単純に記事末でリンクだけ書いてるのが結構あるからな…。
それは確かに僕自身にもあることですね。
自分の記事を、よりわかりやすくするためにリンクをしているのだから、もっと読ませるための工夫はしなくちゃいけないかな、と。

#1123 のり URL 2005-03-12 Sat 23:55

COMMENT
自分のブログでも ちょうど今日、同様のお返し トラバもらいました。
不快とは全く感じませんが、何でかなぁ と。
日本って 結婚式で せっかくお祝いとして御祝儀を出したのに、その(半分程度の金額の)お返しを 送ってくる習慣のようなものがあるけど、「流れ」としては、それなんですかねぇ。お返しに送られてきたものは 自分にとって たいしてありがたいものじゃない(それだったら最初から御祝儀半分の金額でいいじゃんと思う)。
リンク = 御祝儀(相手にとって良いもの)とは必ずしも思いませんが、「流れ」の例えです

#1124 ともえ URL 2005-03-13 Sun 01:39

COMMENT
MIMIKAさんの考え方とほぼ同じ、ですね。
・・つーか、感想系の場合、そういう(リンク・言及なし。悪く言えば「オレの感想読んで読んで」トラバ)
トラバが殆どなのですよ。
そしてソレに対してお返しTBを打つのが
暗黙、つーより半ば公然のルールっぽくなってる
トコロはありますし。
まあ、コレによってある種のコミュニティーを
形成させてる、つーか・・。
考え方としてはウェブリングとかに近いのかも。

#1125 こに URL 2005-03-13 Sun 09:09

COMMENT
自分の経験で言わせてもらうと、記事中リンクされていた方がトラックバック送って自分でアクセス誘導するよりもアクセス数多かったんですが、他の方は違うんでしょうか。
特に木村剛さんとかの有名なサイトで記事中リンクされたら、それはそれは桁違いのアクセス数が来てびっくりしましたよ。トラックバックからくる数よりも確実に桁が違いましたけど、皆さん、そういう経験ないのでしょうか?
なので、私は実はトラックバックでアクセス数稼ぐのは、実は労力に比べて対して効果がないと思っています。
だからお返しトラックバックにしろ、トラックバックというのはそのブログ主に「あなたの記事読んだよ」とか「その記事読んで私もこの記事書きました」というお知らせ程度の機能しかないのではないかと思っています。
「おいらブログ」さんというところで書かれているアクセス数に関する一連の記事
http://mitsu.cocolognifty.com/blog/2005/02/2.html
あたりから始まるいくつかの記事は、私の経験したことと同じ様なことが書いてあって納得したことがあります。
大手ブログといえどもトラックバックで誘導する数よりも記事中にリンクされて言及される方がよほどアクセス数がすごくなるし、結局は検索サイトから来る人の方が多いとか、経験則からも頷けます。(これが祭り状態の話題へのトラバだとアクセス数はなかなかすごいことになります)
そんなわけでトラックバックがアクセスアップに利用できるわけではない以上、やっぱり「あなたの記事読みましたよ。それで私はこんな記事書きましたよ」お知らせ機能にしかならないのではないかと思います。

#1126 えっけん URL 2005-03-13 Sun 17:32

COMMENT
>不快とは全く感じませんが、何でかなぁ と。
まぁ「不快かそうでないか」と言われれば、いちいち目くじら立てて怒ることのものでもないのですけどね。
むだな行為だなぁ、と思うだけで。
本文中で触れている通り、お返しトラックバックをされた側に、まったくデメリットがないか、といえば、そんなことはないのですが、現実的にほとんどのブログにおいて、そういうむだなトラックバックがあることによって、良質なトラックバックが流れてしまうほどトラックバックの送受信があるか、といえばそんな事はないわけでして。
ただ、お返しトラックバックが「礼儀」となってしまうのはイヤだなぁ。

#1127 えっけん URL 2005-03-13 Sun 17:35

COMMENT
感想系ブログの場合は、もうそれが一つのローカルルールとして成立してしまった気がします。
他人の感想にケチをつけるのは、変な話だと思うし、他人がその映画についてどう考えたのか、というのは、多くの映画系ブロガーが思うところでしょうから、僕はそれを否定しませんが、そうしたブログの場合、もらえるトラックバックが多いほど、いちいち全部読んでられねぇ、というのが現実じゃないかと。

#1128 えっけん URL 2005-03-13 Sun 17:42

COMMENT
>記事中リンクされていた方がトラックバック送って自分でアクセス誘導するよりもアクセス数多かったんですが
有名・人気サイトからのリンクと言うのは、信じられないくらいの効果がありますね。
こちらから人気ブログにトラックバックしたときよりも、確実にアクセス数が上がります。
以前「カトゆー家断絶」にリンクされたときなんか、アクセス数10倍ですからね。ユニークユーザーにして5000以上増えましたよ。
ゴーログにトラックバック送ったときは、普段とあまり変わらなかったです。
もちろんそのトラックバックを辿って訪問してくれた方はいますが、対アクセス数効果としては、それほどのものではなかったです。
いずれにしても、「アクセス数を増やす為」だけにトラックバックを送る行為を続けられると、トラックバックそのものが無意味なものと化してしまうので、やめていただきたいものです。
僕にとってのトラックバックは「言及通知機能」です。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/140-bbede2ec
Listed below are links to weblogs that reference
お返しトラックバックは推奨しません! from ekken

Home > Web > お返しトラックバックは推奨しません!

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。