スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/14-dc2b22f7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 恐怖ギャグマンガ『魔太郎がくる!!』を激しく勧める

恐怖ギャグマンガ『魔太郎がくる!!』を激しく勧める

amazon書影

最近のコミック事情を理解していない事が露呈されたので、昔のマンガの事でも書こう。

今ではちょっと信じられない事かもしれないけれど、30年近く前、秋田書店の週刊少年チャンピオンが、物凄く人気があったのです。定期購読していたわけではないので、かなりオボロゲな記憶ですが、たぶんジャンプやマガジンよりも人気があったのではないか、と思います。

なにせ漫画の神様・手塚治虫を抱えていたのですから。

僕の従弟の家が漫画好き一家で、手塚や藤子不二雄作品が本棚にギッシリ並んでいたのだけど、そこで僕の心をワシ掴みにしたのが、横の画像の『魔太郎がくる!!』

画像は1997年に中公文庫で再発売された時のものですが、秋田書店のチャンピオンコミックスから発売されていた版には「恐怖コミックス」で分類されていました。

チャンピオンコミックスは、どの漫画に対しても、強引としか言いようがない「ジャンルわけ」がなされていて、例えば水島新二の傑作野球漫画『ドカベン』だと「学園コミックス」とか、永井豪のギャグ漫画『あばしり一家』だと「爆笑コミックス」とか。

近年アニメ化された手塚治虫の『ブラックジャック』は、確か「恐怖コミックス」から「ヒューマンコミックス」に変更されたような気がします(このへんウロオボエです)。
恐怖コミックスの扱いをされている漫画が多かったのは、当時つのだじろうの『恐怖新聞』などが人気があったせいなんでしょうか?

で、『魔太郎がくる!!』ですが、確かにコミックスの初期は、小中学生をターゲットとした漫画としては、「恐怖コミックス」の風格をもっていました。

主人公は、友達のいない、ウジウジした白目がちのもやしっ子・浦見魔太郎。
学校でいつもいじめられていて、そのたびに黒い手帳に恨み言を書き綴っている。
恨みのパワーが頂点に達すると「コ・ノ・ウ・ラ・ミ・ハ・ラ・サ・デ・オ・ク・ベ・キ・カ」と呟き、その日の夜、復讐を実行。黒魔術の力を借りて、残酷な方法で相手を恐怖に陥れる……というのが、大まかな流れ。

「残酷な方法」の中でも、特に印象的だったのは、夜中に標的を誘い出し、大きなビニール袋に閉じ込めてバットでぶん殴る復讐とか、意地汚い性格のカワイコちゃん(死語)の顔を性格に合わせてブサイクにしてしまうというもの。
自分が受けた屈辱に対して、過剰なまでの復讐が、恐ろしかったり、痛快であったり。

ちなみに今でも古本屋などで、比較的容易に入手できる版のものには、バットでぶん殴る回はカットされています(あまりに残忍だったから?)。

このように、初期の魔太郎はかなり残酷で、しかも自分の復讐の為にしか黒魔術を使いませんでした。
好きな女の子の前でバカにされたからとか、カツアゲされたからという理由で、相手を再起不能になるまでいたぶるような事もあったと思います。

しかし、そのオドロオドロした雰囲気が続くのは、初めの数巻。

連載漫画において、キャラクターの画風が変わってしまうのはよくあることですが、多くの場合、初期よりも後期の画風が優れているのに、この漫画に限っては、明らかに初期の画風の方が「恐怖コミックス」に相応しい。
ウジウジした魔太郎少年は、ヒロイン・由紀子とのコイバナや、ライバルの赤ん坊・切人(当初「キリヒト」であったが、キリスト教会に配慮して「キリト」となった…らしい)の登場で、いたって健康的な好青年に変貌してしまうのです。

ダメだろ、藤子(A)!

好きな女の子や、家族を守る為に黒魔術を使うのは、魔太郎のキャラじゃないだろ!

悪役商会がいい人役でドラマに出てきたら、違和感あるだろッ!

初期の利己的な復讐キャラから、正義の裁きキャラに路線変更するな!

そんなありふれた漫画が読みたいんじゃない、「こんなの少年誌に載せていいのか!」というのを求められていたはずだ!

なお、恐怖漫画としては落第点の「魔太郎がくる!!」後半ですが、ギャグ漫画としては十分楽しめます。

そのハチャメチャぶりは怨みサイト「魔太郎が狂ゥ!!」でお楽しみください。

このマンガが面白かった人は、是非、パワーアップした恐怖コミックス、ブラック商会変奇郎も!
こっちは守銭奴な主人公(中学生)が、悪人を恐喝をして金を巻き上げる、勧善懲悪物です(嘘)

blog comments powered by Disqus

Comments: 9

#122 shinp URL 2006-02-09 Thu 22:29

よく分らんのですが、ekkenさんは30年前に少年だったのですか?

#123 えっけん URL 2006-02-09 Thu 22:54

今でもココロは少年です。

#124 Lefty URL 2006-02-09 Thu 23:28

エコエコアザラクもそんなかんじですよね…

#133 木戸孝紀 URL 2006-02-11 Sat 00:42

藤子不二雄Aはもっと今の人にも読まれてもいいと思いますね。Fが凄すぎてそう思ってしまうだけかも知れませんけど。

#134  URL 2006-02-11 Sat 01:00

えっけんって三十路越えてるのか…。嘘だろう?信じられんww

#170 シンキー URL 2006-02-11 Sat 18:01

魔太郎は僕も好きでした。今読んでみたら結構残酷な場面もありますけどw
あの暗い雰囲気が抜群でしたねw

#3780 魔太郎大好き URL 2008-08-23 Sat 05:34

なんと言っても、黒魔術を使って魔太郎がイジメっ子をこらしめるのが最高ですね!

#4270 蛾馬野 猛 URL 2011-04-16 Sat 08:53

子供の頃、魔太郎のターゲットになる、
【やどかり一家や他の図々しい奴等】をみて
「こんな奴はいねーよw」

と思ったもんですが、大人になり、在日を知り、妙に納得しました。

魔太郎のターゲットは、在日だ!

#4277 名無し URL 2012-04-30 Mon 03:27

別にいんじゃねありふれてても
受け入れられずに打ち切られるより、テコ入れで人気出て連載長く続く方がいいし
作者にも生活があるんだから

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/14-dc2b22f7
Listed below are links to weblogs that reference
恐怖ギャグマンガ『魔太郎がくる!!』を激しく勧める from ekken

Home > Hobby > 恐怖ギャグマンガ『魔太郎がくる!!』を激しく勧める

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。