スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1315-5c94755b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 「××のことはスルーするのですね」

「××のことはスルーするのですね」

はてなブックマークやTwitterなどで、そこそこ話題になったブログエントリについてのコメントで、しばしば見かけるのが「××についてはスルーするのですね」というもの。

そのコメンテーターにとっては「○○について語るのに、××の事に触れないのはおかしい」ということらしいのだけれども。

その指摘は一理ある、と思う反面「だったら、そのことを指摘するあなたが ‘××のこと’ も踏まえて意見を書いたら良いんじゃないの?」と言いたくなる。

自分もたまに「××についてはスルーするのですね」というようなコメントをもらうことがあるけれど、‘××’について触れないのは、だいたいにおいて次のようなケースが多い。

  • ‘××’については気付いていたけど、それを取り上げると無駄に長い文章になり、論点がぼやける
  • 自分の主張にとって‘××’は些細な事であり、問題視していない
  • そもそも‘××’について気付いていない

2003年~04年頃は、ブログで自分の意見を書き連ねて、トラックバックなどにより意見交換する文化はわりと盛り上がっていたと思うけど、Twitterが普及してからは、意見というよりもヒトコトの賛同を示すコメントか、簡単なツッコミばかりが増えてきた。

自分の主張について‘××’の事を持ち出してツッコミを入れるなよ、とは思わないものの、‘××’の事を考慮しないのはおかしいと考える人は、自ら‘××’の事を取り入れてブログエントリを仕上てみてはどうだろう、と思うことが多い。そうやって話題が広がっていくのがブログのオモシロさだったのだけど、ここ数年は、‘××’について触れて再言及しても、それを指摘した人からの反応が見られないことが多く、最近は「××についてはスルーするのですね」というコメントはスルーする事が多い。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1315-5c94755b
Listed below are links to weblogs that reference
「××のことはスルーするのですね」 from ekken

Home > Web > 「××のことはスルーするのですね」

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。