スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1309-759ccf64
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > エゴサーチに関する話の続き

エゴサーチに関する話の続き

エゴサーチ問題の話はまだまだ続くのであった。

自分のフォロワー全体に見られる形で悪口をツイートしているのに、悪口の対象になっている相手のフォロワー全体に見られる形で話されるのが問われているという感覚が、僕には理解できない。自分のツイートを、自分にとって都合の悪くないユーザーのみに読まれたいのならば、鍵付きにすればいい。誰にでも読める状態で他者の悪口を発しているのに、相手によってその悪口を広められるのを問題視する理由が分からない。「私は他所のブログに無断でリンクしちゃうけど、私のブログは無断リンク禁止ですよ」みたいなものなんだろうか。

自分は「気に入らないある人物」に対して、スルー出来ずに名指しで悪口を書いているのに、その相手にはスルーを求めるような発言をするのは、なんとも自己都合に良すぎる話じゃないかな。

この手の揉め事に共通していることなんだけど、他人を「晒している」のは、エゴサーチされた側が先にやっていることなのに、どういうわけか相手の行為を一方的に非難しているのが興味深い。


最近のTwitterで見られる「エゴサーチ」に関する話題では、どういうわけか「エゴサーチ=自分の悪口を見出すための行為」と受け取られている事が多いのだけれども、エゴサーチは「自身に関するあらゆる言及を見つけるため」のもの。通知をしてこない賞賛や同意の表明、アドバイス、批判なども含まれる。自分の発した言葉が、他のユーザーにどう思われているのか知りたい、というのは情報発信者として自然な欲求だと思うのだけど、そうは思っていない人が多いのですかね?

エゴサーチで簡単に見つけられるような記述をしているのだから、それは当人に面と向かって言葉を発しているのと大きな違いはない、というのが僕の認識。当人が@付けないで他者の悪口を書いているのに、その相手にはリプライを求めるような冒頭のわたがしさんの発言には違和感を覚える。


フォロワーの多い人が行うのが問題、とする人もいるようだけれども。

確かにその中にはいわゆる「信者」みたいな人も少なからず存在するかもしれないけれども、フォロワーが多ければ多いほど、冷静な目で見ている「普通の人」も多いはずだし、その「悪口」が批判的言及として的確な物であれば、その内容に関してのエゴサーチした側に対する、第三者の批判的言及が増えてくるはず。そうなるケースが少ないのは、やはり「悪口」が単なる悪口以上のものになっていないからではないのか。

「フォロワーの多い人は、自分の発言によってどういうことが起こり得るか、よく考えて発言しろ」みたいな反応も見られたけど。だったら、フォロワーの多い人の名前を出して悪口や批判的言及を書いたら、その後相手やそのフォロワーによってどういう反応が起こり得るかをよく考えて発言した方が良いんじゃないかな?


もっとも。実のところ、僕も「エゴサーチして見つけた自分への言及を、非公式RTでフォロワーに公開」という行為は好きにはなれない。何故なら、非公式RTによってツイートされた元のツイートを辿ることが困難だから。ツイートのURLが記載されていれば良いのだけども、非公式RTの場合、その多くが「誰が言ったか」が分かっても、そのツイートが本当になされたものなのか否か、どのように省略されてRTされたものなのかを確認し、発言が妥当なものであるかどうかを検証するコストが高いからだ。

他者のツイートを言及するにあたって、自分のツイート内だけで完結させるのは、Twitterの文字数制限の都合上、相当無理があると思う。リンクをしてあれば、読者がそれを辿って検証することができるのだから、相手のツイートを無理して中途半端にコピペする必要はなく、「自分の意見+URL」の記述で十分だと思う。削除されるのが心配ならば、言及の場を文字数制限の緩いブログとかTumblrに移動したら良いと思う。

関連
ワタクシがTwitterの非公式RTを嫌いな理由アレコレ:ekken B? 
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1309-759ccf64
Listed below are links to weblogs that reference
エゴサーチに関する話の続き from ekken

Home > Web > エゴサーチに関する話の続き

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。