スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1273-5f21a7aa
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from ekken 2012-03-31 Sat 21:36

続・賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい 

前回の話の続き。 賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい  「賛否両論ありそうな記事は、目立たないように過去記事としてアップしたら良いのでは?」という加野瀬さんの言葉が、... (more…)

Home > スポンサー広告 > 賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい

賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい

「書きかけのブログ記事」について加野瀬さんが仰っていることが、ネタなのかマジなのか分からないのだけど、この部分については、ちょっと違和感があった。

中にはほとんど完成していたのに、アップしてないというのもあり、さすがに勿体ないので、そういう記事は過去記事としてこっそりアップするということをしている。ちなみに、この方法を使うと、まず誰にも気付かれないんで、賛否両論を呼びそうな記事は、このスタイルを使うといいぞ!

個人的には賛否両論を呼びそうな記事こそなるべく多くの人に読んでもらいたい、と思っている。その手の意見は、読んでくれた人が少ないうちは、賛否どちらかに偏った反応である事が多いけど、閲覧者が増える事によって様々な反応が見られるようになるから。

自分にとって、ネット上に自分の考えを発表する面白さって言うのは、賛否に関わらず、自分の意見を元に新たな意見展開がなされることだ。いわゆる「釣り」を楽しむのならば別だけども、否定的意見ばかり寄せられるのは精神的にもきついだろうし、かといって否定的意見を排除して賛同意見ばかり受け入れてもつまらない。

経験則から言うと、「きっと多くの人の反感を買うだろうなぁ」と思いつつアップしたエントリでも、結果的には7:3(否:賛)くらいになっていて、総スカンを食らったと感じたことは無い。批判とは言い難いムカツクだけの罵声も混じるものの、否定的見解の中には自分には思いも付かなかった視点での意見があることも少なくはない。なので、自分としては「賛否両論を呼びそうな記事」をわざわざ目立たないところにアップするのはもったいないことだと思った。

この考え方は私の個人的な価値観に基づく物だから、「否定的意見が寄せられるのがコワイから、その手の意見は目立たないところに……」という考えも、その存在を否定する物ではないけれども、いわゆる「炎上」は、その多くが「自分の価値観が絶対的に正しい」と勘違いしている人(炎上した側・させた側双方)に起因していると思う。なので「これは賛否両論ありそう」と思ったエントリを目立たなくしたときは良いけれど、そうは思わなかった(ので普通に最新記事としてアップした)場合に思わぬ反論にあい、ダメージを大きくしちゃうことになりそう。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1273-5f21a7aa
Listed below are links to weblogs that reference
賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい from ekken
Trackback from ekken 2012-03-31 Sat 21:36

続・賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい 

前回の話の続き。 賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい  「賛否両論ありそうな記事は、目立たないように過去記事としてアップしたら良いのでは?」という加野瀬さんの言葉が、... (more…)

Home > Web > 賛否両論を呼びそうな記事こそ多くの人に読まれたい

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。