スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1259-cd13cdde
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > エクセルデータ積算課長

エクセルデータ積算課長

僕が勤務する会社は、建設業界にぶらさがっている弱小製造業なんだけれども。

自治体が発注する建設工事物件の入札時には、一つの物件に対し、何社もの建設会社から見積りの依頼がある。

そのほとんどは、建築設計図面に、自治体が作成している工事の内訳書を添付して大容量ファイル転送サービスのURLが記述されたメールで送られてくる。

自治体が作成した工事内訳は、紙に出力されたものをPDFファイル化しているらしく、見積りをする僕は、PDFファイルの中から自分に必要な部分だけを抜書きしてエクセルで見積りの内訳を作成する。面倒な仕事だけれども、一度エクセルに入力すれば、その内訳は複数の建設会社への見積りとして活用できる。

ところが、たまに、その建設会社独自に作成した見積り内訳を、ファクシミリで送ってくるケースがあって、これが非常に厄介モノだ。おそらくは、複数の同業他社から同じ書式で見積りを提出させることで、価格の比較検討がしやすいということなんだろうけれども、送られた下請け会社(というか、僕)にとってはエライ迷惑。

単に「ファクシミリで送ってきた当社様式内訳に記入して、FAX返信してください」ならばまだ良いのだけども、こうした見積もり依頼をしてくる会社の多くは、どういうわけか「メールにて返信願います」と書いてくるのだ。

だったら、自分が作成したエクセルのファイルを添付して見積依頼をしてくればいいのに、マヌケな窓際積算課長は何故か毎回必ずファクシミリを使い「大至急お願いします」とかナントカ書き加えて、今日も見積依頼をファクシミリで垂れ流してくるのです!

関連
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1259-cd13cdde
Listed below are links to weblogs that reference
エクセルデータ積算課長 from ekken

Home > Diary > エクセルデータ積算課長

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。