スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1251-6430478e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 誰にでも読める「限定公開記事」はプライバシー情報か?

誰にでも読める「限定公開記事」はプライバシー情報か?

前にも書いた(本文末の「関連」参照)のだけども、Yahoo!ブログの「ファン限定公開記事」というのが、実にフシギな機能なのだ。

今回のきっかけはYahoo!知恵袋にあったコレ。

「ファン限定公開記事」は「私信」ですか?

無断公開したらプライバシー侵害になりますか?

他のブログサービスユーザーには分かりにくいのだけども、Yahoo!ブログのファン限定公開記事はかなり特殊。「ファン限定」とは言え、この「ファン」になるためにはたいした障害はなく、Yahoo!のアカウントさえ所持していれば良い。ファン登録してきた相手が気に入らなければ、登録された側が追い出してしまうことができる物の、とりあえずそのアカウントでの初回については、無条件で「ファン登録」できるので、これを「私信」という理由で「プライバシー侵害」と批判する事は難しいだろうなぁ。

Yahoo!の「ファン限定公開記事」と似たような機能として、アメーバブログにアメンバー限定記事、FC2ブログにブロとも限定記事というのがあるのだけども、こちらについてはアメンバー/ブロともになるためには相手の承認行為が必要で、ブログ主の意図しない人に読まれることは考えにくい。信用できるアカウント以外は承認しなければ良いからだ。だけどYahoo!ブログのソレは、ファン登録を解除されても、新たに別のYahoo!アカウントを取得してしまえば何度でもファン登録して「限定記事」を読むことが可能だ(RSSとして流れる事はない模様)。ブログ主の意図に反してどこかにコピペされたとしたら、「無断転載」として相手を批判する事は出来ると思うけど、もともと「Yahoo!のアカウントを所持している全ての人」に向けて公開している情報に等しいので「プライバシー侵害」とはならないのではないかと思う。

それにしてもYahoo!ブログ、大手ポータルサイトによるサービスということもあってか、低年齢ユーザーが多く、この手のトラブルが絶えない印象が強い。

数あるブログサービスの中でも、ユーザー数の多さではかなり上位なのではないかと思うのだけども、スパムコメント・トラックバックの問題やユーザー間のトラブルが目立つので、いっそのこと「誰にもで読むことのできるブログ」というサービスから、承認したアカウント保持者のみ閲覧可能な、SNS的サービスに転換した方が成功するのではないか。スパムコメント耐性機能を強化するよりも、ユーザーが設定したホワイトリストによる閲覧許可制を導入(誰でにでも読むことの出来る設定は不可)するほうがスパム業者とのいたちごっこにもならず、ユーザー間トラブルも激減するはず。

既に相当数のユーザーを抱えているサービスだし、もともと一般的な「ブログ」サービスとは独自のシステムなので、外部サービスユーザーの閲覧がなくとも成立すると思うのだけど、どうなんだろう。

関連
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1251-6430478e
Listed below are links to weblogs that reference
誰にでも読める「限定公開記事」はプライバシー情報か? from ekken

Home > Web > 誰にでも読める「限定公開記事」はプライバシー情報か?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。