スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/125-273ff290
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > パー子に萌えるっ!

パー子に萌えるっ!

amazon書影

花粉症がひどくなってきたので耳鼻科へ行くと、待合室にパーマンが置いてあったので、懐かしくなって読んでみた。

藤子不二雄の少年向けコミックスとしてはバケルくんと並んで好きな作品だったけど、内容はまったく忘れていた。

読んだのは最近コンビニエンスストアの書籍コーナーによく置いてある、紙質の悪い廉価本で、連載順ではなくエピソードの種類別に分けたものらしい。パーマン仲間の紅一点・パー子が活躍する話が多く収録されていた。

パーマンを読むのは、20数年ぶりくらいだと思うのだけど、パー子、これ意外にも非常に萌えキャラなのですね。

パーマン仲間の中で、ただ一人仲間内でも正体を隠している彼女は、実は人気美少女タレント・星野スミレ。彼女がパー子に変身したときだけ、本当の自分に戻れて、普通の女の子として接してくれる主人公・ミツ夫に恋しているらしいエピソードに、アキバ系男子は萌え死ぬべきだッ!

あと藤子F不二雄キャラの女の子は、正面から見た顔が非常にオマヌは顔つきなのだけど、横顔が結構萌え要素が高いと思った。


コロコロコミック全盛期にはドラえもん・オバQ・パーマンの競演作品の映画化までされていたのだけど、僕はアレ、東映まんが祭りにおけるゲッターロボとマジンガーZの競演みたいなもので、ファン向けイベントと思っていた。しかし、本日耳鼻科で読んだ本によると、ドラえもんのコミックスで時折チョイ役で出ていた「星野スミレ」は、どうやらパーマンのヒロインである星野スミレ(=パー子)と同一人物らしい。


家に帰ってきてさっそくGoogleさんに尋ねてみたら、こんな良質ファンサイトを発見。→パーマン研究白書

パーマン VOL.1 (1)パーマン 2 (2)パーマン VOL.3 (3)パーマン 4 (4)
パーマン 5 (5)パーマン 6 (6)パーマン 7 (7)
Amazy

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/125-273ff290
Listed below are links to weblogs that reference
パー子に萌えるっ! from ekken

Home > Hobby > パー子に萌えるっ!

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。