スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1216-c48953a5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > はてブは「悪口ばかり」なのではなく、「さまざまな言及が見えやすい」

はてブは「悪口ばかり」なのではなく、「さまざまな言及が見えやすい」

南堂さんのOpen ブログ: ◆ Facebook と はてブにしつこく言及しちゃうシリーズ。

シリーズ一覧

「はてブは匿名だから悪口があふれているのだ!」と主張する南堂さんなのですが、私にはコレ、とてもじゃないけど信じられないんだよなぁ。別に「はてブに悪口なんか無いよ!」とは言わないけど、悪口がそんなに目立つとは思えない。稀に悪口オンパレードの酷い状況を目にすることもあるけれど、その場合、ブクマされた元記事の内容がどうしようもないくらいに酷いことが多い。

ところが、南堂さん自身は、次のように感じているらしい。

 「南堂はトンデモだ」というふうに悪口を言うのは、はてなブックマークにほぼ限られている。そういう悪口が山のようにある。
 一方、自分のブログや Facebook で「南堂はトンデモだ」と書いている人は、ほとんどいない。そんな下品な書き方をする人は、よほど自分の品性下劣さを明示したい人だけなので、ごく少数しかいない。

南堂さんのブログでの主張が「トンデモ」なのかどうか、私には分からない。南堂さんのブログの存在を知ったのは、Facebook と はてブを書く少し前だから、2週間程度前か。言及するに当たって、いくつかの他の記事も読んでみたけれど、私とはちょっと違う目線の意見を書いているなぁ、とは思った物の、これが「トンデモ」呼ばわりされるほどの素っ頓狂なものとまでは思わなかった。ただし、Open ブログ: ◆ Facebook と はてブについて言えば、Facebookとはてなブックマークに対してあまりに酷い誤解を書いちゃっているトンデモだなぁ、と感じた(なので、ブクマした他に長々と記事にして書いた)。


はてブには「南堂はトンデモ」があふれているのかどうかチェックしてみた。

「トンデモ」のタグ・コメントは確かに存在する物の、私には「悪口ばかり」には見えない。特定のユーザー数人が「トンデモ」扱いしているが、全ての南堂さんの記事に対してでもなく、ある種の話題に関して考え方が異なることが「トンデモ」扱いの原因のように見える。中には読んでないけど確実にトンデモはてなブックマーク - 小泉の波立ちニュースと感想  (3月27日))という、これは誰が見ても悪口以外にありえないだろうと言うコメントもあった物の、全体を通して南堂さんが「はてブには悪口ばかり」と感じる理由が分からなかった。ブクマコメントの中には南堂さんの意見に対する好意的ブクマも見られるのだが……

一方で。自分のブログや Facebook で「南堂はトンデモだ」と書いている人は、ほとんどいないとのことなんだけど、これって南堂さんはどこまで検証したのだろう?

前にも書いたように、Facebookは他者と仲良くするためのコミュニティなので、基本的に悪口は少ないのは分かる。悪口ばかり言うような人は仲間に入れてもらえないので、悪口があったとしても目立たない。仮に存在していたとしても、Facebookははてなブックマークとは違って、被言及サイドが言及元を確認するのが難しい(ので、悪口の存在確認が出来ない)。Facebookで「南堂はトンデモだ」と書いている人がいない(見つけられない)のは当然だ。

しかし「自分のブログ」で「南堂はトンデモ」発言をしている人は、どうだろうか。

南堂さんは「エゴサーチ」という言葉を知っているだろうか。自分に対するネット上の評価について語るなら、最低限やっておくべきだと思う。インターネット上で、自分の本名やハンドルネーム、運営しているサイト名やブログ名で検索して自分自身の評価を確認する行為エゴサーチ - Wikipedia)なんだけど、「南堂久史」や運営しているブログのウェブ検索をしてみるといい。

検索結果の1ページ目から、複数の「南堂さんはトンデモ」な評価か表示される。下方には「南堂久史に関連する検索キーワード」とあり、「南堂久史 トンデモ」の検索結果へもリンクされている有様ではないか。

検索ワードを「南堂久史」から南堂さんのブログのURLに変えても、得られる結果に大きな違いは感じられない。

つまり南堂さんの‘自分のブログで「南堂はトンデモだ」と書いている人は、ほとんどいない’という発言は、出鱈目なのだ。

はてなブックマークはリファラをごまかさないし、一意のURLが生成されているので、被ブクマサイドがブコマコメントの非表示機能を利用していない限りは誰にでも平等に、しかも簡単に言及内容を確認できる。しかしブログ上からの言及は、トラックバックの送受信が行われないと、多くの人が「言及の有無の確認」をするのが面倒だ。

南堂さんがはてブに対する嫌悪感を抱く理由は、もともと少なくはない「ネット上の自分へのネガティブな反応」が、誰にでも簡単に見られちゃうからなのではないかと思った。



南堂さんへの言及は、もうちょっとだけ続くのであった。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1216-c48953a5
Listed below are links to weblogs that reference
はてブは「悪口ばかり」なのではなく、「さまざまな言及が見えやすい」 from ekken

Home > Web > はてブは「悪口ばかり」なのではなく、「さまざまな言及が見えやすい」

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。