スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/120-47797e7b
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from 日々是自己主張の中の人 2006-04-30 Sun 00:49

えっけんさんの「コメントレスは義務じゃない」はちょっと微妙 

・ えっけんさんはブログ管理人によるコメントレスは義務じゃないという。 ・ 確かに、最近のえっけんさんは、自ブログの記事に対するコメントにレスをしないことが多い。 ・ しかし一方で、そんなの放っておけばいいんじゃ? と思うような、明らかな煽りコメントにレスをし (more…)

Home > スポンサー広告 > コメント欄だけがコミュニケーション手段じゃないんです

コメント欄だけがコミュニケーション手段じゃないんです

最近ブログのコメント欄の使い方に関する話題が盛り上がっていたようで、あちこち読んでいたのですが。

他者のブログのにコメントをして、運営者から必ずレスがもらえるものと考えている人が、案外多そうな事にオドロキです。

どうやら僕は「レスをしないキャラクター」という認識をされ、許されている部分もあるようですが、ウェブ上の知人のはてなブックマークコメントなんかを読むと「貰ったコメントにレスはすべき」と考えている人が多そうでした。

実は僕も二年前にgooブログで日常的にブログを更新するようになったばかりの頃、貰えるコメントの多いブログを目指していて、それを実現するために「コメントの貰えやすそうなエントリを中心に書く」「貰ったコメントに対しては可能な限り早めに、確実に返事を書く」事をしていました。特に「返事を書く」方については、コメントのメール通知機能を利用し、それをケータイ電話に飛ばしてPCの前に置き、メールが入ったら速攻で返事を書く、ということを1ヶ月くらいの間続けていました。

その甲斐あってか、2004年の6月には900ものコメントを貰っているし(自分自身のものも含む)、他所に残したコメント数も600件超だったようです(参考:ブログはじめますた:勝手にランキング6月 コメントランキングブログはじめますた:勝手にランキング 6月 <番外編1>)。

でもこれ、もらえるコメントが多くなればなるほど、単に苦痛な作業になってしまうんですよ。

これを軽減するためにケータイへの通知はやめ、PCメールへ通知するようにしましたが、メッセージルールの適用などで整理しやいという便利な側面とは裏腹に、未読のものが目立ってしまい、コメントレスへの義務感はさらに強まるようになりました(そのせいもあって、FC2でブログを始めてからは、このメール通知機能を利用していません)。

コメント欄での交流が楽しいのは分かるのですが、コメントが多くなると、中には返事に戸惑うような書き込みも多くなります。明らかに嫌がらせ的なコメントは無視するなり削除しても許されるでしょうが、ものすごく微妙なコメントもあったりします。悪気はないのだろうけど、それまでのコメントの流れやエントリの内容を一切無視した天然ちゃんの鬱陶しい書き込みも出てきます。

「レスをするのが当たり前」のように考えていると、こうした書き込みがあった時に厄介ですし、コメントのレスを続けていることでさらに書き込みが増えると、エントリの更新に取れる時間が減ってしまい、僕としては本末転倒と思うようになりました。

内容に十分価値のあるコメントをしてくれるのなら、むしろトラックバックによる言及エントリをアップしてもらったほうが、お互いのブログのアクセス数貢献になると思うし、エントリにするまでもないような価値の低いコメントの一つ一つに返事を書くのは、正直アホくさい。

あと、寄せられたコメントに対して「レスを入れる」方法は、何もそのコメント欄内で「一つ一つお返事を書く」事に限らないと思います。

ブログを通じてのコミュニケーション手段を、そのブログのコメント欄に限定する必要はないはずです。

コメント欄でのやり取りは一対一のものになりがちなので、第三者が意見を書き込みにくかったりしますが、有意義なコメントが寄せられたら、それを深く考察するために新たにエントリを書き上げたほうが、より多くの人の目に触れることになるかもしれません。

blog comments powered by Disqus

Comments: 5

#1041 Kira URL 2006-04-30 Sun 01:13

ブログって、もともとは自分が楽しむべきものだと思いますが、
過去の失敗として、ブログで自分の存在意義を見出してみたい衝動に取り付かれたことがあります。
それがランキングだったり、アクセス数だったり、コメントの数だったり、TBだったり・・・。
そういうものに重きを置く人から考えれば、せっかく寄せられたコメント欄へレスしないことというのは
「本末転倒、レスしないなんて信じられないわ!」となるのかもしれません。
・・・自分はそうだけど、他人は違う。他人はそうだけど、自分は違う。「他人は他人、自分は自分」。
そういう風に割り切れれば、溜めるストレスも少なくなると思うのです。

#1044 えっけん URL 2006-04-30 Sun 08:30

僕はランキングとかコメントの数への拘りがなくなってからのほうが、面白くなりました。
「レスしないのならコメント欄なんか要らない」という意見もあるようですが、簡単に意見できるスペースははてなブックマークやMM/memoなどでも代用できるのですが、そういうスペースに限定するよりも選択肢が増えるのでコメント欄を全面的になくす気にはなりません。
もっとも書く話題によって、もともと他者のコメントを求めていないものや、自分のところにそのコメントがつくことを望まないものについては、コメント欄を閉じておくことにしています。

#1046 ululun URL 2006-04-30 Sun 09:53

まあ、難しい話ですわな。
いろいろあってみんな良い、とはなかなかいかないようです。

#1050 すしバー URL 2006-05-01 Mon 00:08

俺、多分、けっこう記事をぶっ壊すようなコメントしてた時期もあったと思います。
で、自分のところに記事無視のコメントが寄せられてはじめて自分を反省したりしました。
うちの場合、コメント欄を読みに来る客ってのがけっこういまして、記事同様、コメントレスも頭しぼったりもしております。
要するに俺の場合、コメントレスは「好きでやってる」わけですけどね。
だからこそ、
>それまでのコメントの流れやエントリの内容を一切無視した天然ちゃんの鬱陶しい書き込みも出てきます。
これが困っちゃう。
というか、数人、やんわり・・・とはいかず、ばっさりやってしまったのも事実。
それがいいことなのか悪いことなのか、他に方法があったのかなかったのか。そのへん、未だに反省したりもしてたりするんですけどね。
ただ、「開放されているコメント欄には何を書いてもいい」という考え方もあるみたいなので、管理者にも、どんなレスをつけてもいいという権利はあるんでしょうね。
それが「もう来るな」「空気読め」でも。

#1053 えっけん URL 2006-05-01 Mon 22:28

コメントをいっぱい欲しい人とか、雑談コミュニティを形成しようとしている人の場合は、コメントにレスをしないのは目的を叶えるのは難しいと思うけど、個人的にはレスを義務化するのは寿命を縮めるだけのような気がするので、気が向いたときにするようにしています。

良いコメントがあった場合は、むしろ記事にしたいと思うので、その記事を書いてから「続き書いた」というコメントを書くのもありかな、と。

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/120-47797e7b
Listed below are links to weblogs that reference
コメント欄だけがコミュニケーション手段じゃないんです from ekken
Trackback from 日々是自己主張の中の人 2006-04-30 Sun 00:49

えっけんさんの「コメントレスは義務じゃない」はちょっと微妙 

・ えっけんさんはブログ管理人によるコメントレスは義務じゃないという。 ・ 確かに、最近のえっけんさんは、自ブログの記事に対するコメントにレスをしないことが多い。 ・ しかし一方で、そんなの放っておけばいいんじゃ? と思うような、明らかな煽りコメントにレスをし (more…)

Home > Web > コメント欄だけがコミュニケーション手段じゃないんです

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。