スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1188-78c040ee
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from David the smart ass 2010-09-08 Wed 23:35

えっけんさんところで、コメントが長すぎると叱られる 

えっけんさんところの、この記事。 まぁたびたび話題に上がってくる問題ではあるのだけど「はてなブックマークでの発言は安全な場所からの攻... (more…)

Home > スポンサー広告 > ウェブ上での情報発信の安全度とか危険度とかのハナシ

ウェブ上での情報発信の安全度とか危険度とかのハナシ

まぁたびたび話題に上がってくる問題ではあるのだけど「はてなブックマークでの発言は安全な場所からの攻撃で、ブログやTwitterでの発言とは違う!」というアレ。

今回の(私の中での)発端は、じっぽ(fujipon)さんのコレ。

(略)「安全な場所」って言っても、ブックマークで酷いこと書いて、いざとなったらすぐに逃げられる人とは、危険度が違いすぎるだろ。その「覚悟の差」を無視して「お前も同じ」って言う人たちには「お前らと一緒にするな」と言いたい。

この発言に対して、私がブックマークでコメント。

ブックマークで書こうと、ブログで書こうと、Twitterで書こうと、「安全な場所」のレベルはまったく変わらないんだけどなぁ。なんでid:fujiponはブクマだけ例外視するのか理解に苦しむ。

で、名指しされたわけじゃないので、あるいは私のクリリン発動かもしれないけれど、恐らくは上に転載した私のコメントに対するじっぽさんの反応がコレ。

しかし、本気で「ブックマークとブログとtwitterの『安全な場所』としてのレベルがまったく変わらない」とか思っているのだろうか?それは「お手軽に誹謗中傷したい人間の方便」だとしか僕には感じられない。リスクは、実名ブログ≫匿名ブログ≒twitter≫はてぶくらいじゃないか。

先ほどと同じように、この発言に対する私のブックマークコメント。

うわー、これはビックリ。「はてなブックマークがお手軽な誹謗中傷の場」であることをわかりやすく説明して欲しい。とっくに終わった議論だと思っていた。 id:fujipon

とりあえずここまで。

私の疑問は「じっぽさんは何故Twitterrとは別扱いにして、はてなブックマークだけを取り出して‘お手軽な誹謗中傷の場’とするのか?」

じっぽさんの発言は、はてなブックマークに対する大きな誤解があるか、そうでなければ意図的にはてなブックマークを貶めようとしているのかとしか思えません。

いざとなったらすぐに逃げられるのは、はてなブックマークだけではなくて、ブログやTwitterもまったく変わらないはずなのですね。

じっぽさん曰くリスクは、実名ブログ≫匿名ブログ≒twitter≫はてぶくらいとのことなんだけど、私にはどうしてもそうは思えない。実名ブログが他のものよりもリスクが高いと考えるのは良いとして、匿名ブログ(はてなの増田みたいなものと区別するために、固定ハンドルによるブログとします)以下について、リスクに大きな違いがあるはずもないのだけど。

じっぽさんはブログを「実名」と「匿名」に分けているのだから、Twitterとはてブについても同様の区別をしないと不公平なんですね。それを踏まえて、私がリスクの高さを表現すると、下記のようになります。

実名ブログ≒実名Twitter≒実名はてブ≫匿名ブログ≒匿名Twitter≒匿名はてブ

で、書いたそばから言うのもなんだけど、この「実名」ってのがややこしくて、単に戸籍上の名前を書いているだけでは、ネット上のコミュニケーションとしては固定ハンドル(固定アカウントでも可)と大きな違いがないので、実名ほげほげ≫匿名ほげほげ(ほげほげには、ブログ/Twitter/はてブなどを代入)とはならず、実名ほげほげ≒匿名ほげほげとなるケースも大いにありえるわけです。どこの誰だかも分からない人が「実名」を書いたところで、実生活と結びつけるものが無いですからね。所属している会社の名前とかを書いている人もいるけれど、ウェブ検索をかけても詳細が分からないような会社では、実名度が高いとはいえないので「発言のリスク」は有名固定ハンドルと大きな違いがあるとは思えません。つまり一部の有名人や、必要以上に個人情報をさらけ出している人でもない限りは、“実名であることのリスク”は匿名(ただし一定の固定ハンドルやアカウント所持者の事)ブロガー/Twitterユーザー/はてブユーザーと大きな違いはないんじゃないかなぁ。

ネットでの活動が実生活と大きく結びついている人(芸能人とか作家・大学教授などなど)ならば、実名(一般に知られている名前のことなので、筆名や芸名でも可)の場合は、ブログ・Twitter・はてなブックマークに関わらず「発言のリスク」は高いけど、そうでない人がどのプラットフォームを使ったところで「発言のリスク」は大きく変わらないでしょう? (ほとんど誰も読まないようなブログだと、むしろリスクが低いかもしれない)

じっぽさんは、あるいはどこかでご自身の詳細なプロフィール(実生活と結び付けられるもの)を公開しているのかもしれないけれど、私はその所在を知らないので「読書とインターネットが好きな医師」という認識しかありません。そういう点では実名ブロガーとは程遠いのだけど、テキストサイト運営者としての歴史が長い方なので、「発言のリスク」は相応に高いのだと思います。他人の誹謗中傷目的で取得した捨てアカウントでもない限りは、自身のハンドルを守るために「発言のリスク」は付きまとっているはずですが、ハンドルを守る意識の無い人にとっては、ブログだろうとTwitterだろうとはてなブックマークであろうと「お手軽な誹謗中傷の場」である事には変わりません。


関連
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1188-78c040ee
Listed below are links to weblogs that reference
ウェブ上での情報発信の安全度とか危険度とかのハナシ from ekken
Trackback from David the smart ass 2010-09-08 Wed 23:35

えっけんさんところで、コメントが長すぎると叱られる 

えっけんさんところの、この記事。 まぁたびたび話題に上がってくる問題ではあるのだけど「はてなブックマークでの発言は安全な場所からの攻... (more…)

Home > Web > ウェブ上での情報発信の安全度とか危険度とかのハナシ

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。