スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1180-19ec6d84
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > サイボーキョー費という名のピンハネをなんとかしてくれぃ

サイボーキョー費という名のピンハネをなんとかしてくれぃ

建設業に関わる仕事をしている人だと知っていると思うけど、サイボーキョー。お役所は建設業者がサイボーキョーによって下請け業者から金銭を巻き上げているという事実を知っているんだろうか。

サイボーキョー。災害防止協議会とか災害防止協力会を略して災防協。

大きな建築工事が始まると、一ヶ月に一回、全協力業者の現場代理人や職長を集めて、工事期間中に起こり得る事故災害の防止の為の会議をするのですね。事前に各協力業者に提出させた「どんな災害が予想されるか」「その災害を予防する為に何をするべきか」なんかを話し合ったり、現場内パトロールを行って危険予知活動をするわけです。

この活動自体は特に非難に値しないのだけど、問題なのはこの会議を行う為に徴収される「協力会費」

建設会社というよりも、その現場によって徴収される場合とされない場合があり、金額も3,000円から5,000円と必ずしも一定していない。領収証は発行されるものの、その発行者の名前は建設会社名ではなく、そこの建築現場の現場代理人(現場所長)の名前になっていて、徴収された会費は果たしてどこに行ってしまうのか? ひょっとして現場所長と He's フレンズの飲み代になっているんじゃないか。

会議の中でペットボトルのお茶が出されたり、10枚程度のレジュメが配布されたりと、それなりに費用がかかるのは理解できるけれど、どう考えても500円も徴収すればペイできるはず。

しかも建設会社によっては、契約書のなかに但し書きとして契約金額のうち、0.03%の安全衛生協力回避を相殺する」というような文言が含まれていることもあり、これではサイボーキョー開催ごとに徴収される数千円の意味が全くわからんではないか。

建設工事現場には、わりと高頻度に労働基準監督署の職員が出入りしているようなんだけど、彼らにはサイボーキョーにて徴収されるミカジメ料をテッテー的に調査していただきたい。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1180-19ec6d84
Listed below are links to weblogs that reference
サイボーキョー費という名のピンハネをなんとかしてくれぃ from ekken

Home > 未分類 > サイボーキョー費という名のピンハネをなんとかしてくれぃ

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。