スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1172-b7c6a57d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > IntenseDebate のコメント機能を導入してみた

IntenseDebate のコメント機能を導入してみた

5月にGoogleのコメント機能を導入してみたのだけど、どうもGoogle Friend Connect関係がこのブログの表示を遅くしているような気がしてならないため、他のコメント代替サービスを探していた。

そして辿りついたのが、IntenseDebate

海外サービスで、日本での利用者が少ないのか、日本語版の解説サイトが見つけられなかったけど、アカウントを取得した後に適当にいじっただけで設置できた。

これをアップしたあと、またコメントサービスを変更していなければ、下の画像のようなコメント欄が設置されているはず。

IntenseDebateのコメント欄画像

TwitterのIDでもログインできるけど、IntenseDebateでアカウントを取得してコメントを投稿するようにすると、自分が他所に書き込んだコメントの足跡を辿ることができて便利。もっともIntenseDebate利用者が多くはないので、今のところそのメリットはほとんど無いけれど。

IntenseDebate のいいところ

  • 表示が速い
  • 寄せられたコメント一つ一つに Permalink が存在する(Google Friend Connect には無い)
  • コメンテーターのモデレーション機能がある
  • コメントの「返信に対する返信」が可能(Google Friend Connect ではコメントに対する「返信」まで)
  • 同サービスにログインして行った自分のコメントを管理できる
  • スパム対策が充実している
  • ブログサービスのサイドバーによくある「最近のコメント」一覧のほか、関連ブログパーツが豊富

IntenseDebate の気になったところ

  • 日本語の解説サイトが少なく、豊富なオプションの機能がよく分からない
  • (ログイン)コメンテーターによって投稿後の編集/削除ができる(個人的に好きじゃないだけで、多くの場合、求められている機能だとは思う)
  • ログインしなくてもコメントできてしまう(気付いていないだけで、非ログイン者のコメントを拒否する設定があるのかも知れない)
    • あとで気付いたけど、IntenseDebate 及び WordPress へログインしている者のみコメント可という設定と、それ以外のコメントは承認後に表示されるという設定があるようだ
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1172-b7c6a57d
Listed below are links to weblogs that reference
IntenseDebate のコメント機能を導入してみた from ekken

Home > Web > IntenseDebate のコメント機能を導入してみた

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。