スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/117-deadf905
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 2006-11-29 Wed 00:00

ブログの濁流に埋没するナレッジを再利用したい(2) 

 昨日のエントリーの続き。過去に書いたブログの関連エントリーを後から読みやすくす (more…)

Home > スポンサー広告 > 自分のブログにトラックバックを送るのは読者にとっても便利

自分のブログにトラックバックを送るのは読者にとっても便利

はてなの方のダイアリーで自分のブログにトラックバックを送る事についての疑問があったので、ここではそれをセルフトラックバックと名づけ、考えてみる事にします。

僕にとっての「トラックバック」とは、まず第一に言及通知機能なので、自身のサイトにトラックバックを送るのは「通知」する必要性がないことから、一見無意味のように思えます。

しかしトラックバックの意味は、リンク先ブログ主への通知だけではありません。

その単一エントリを読むブログ主以外の読者にとっても、「関連エントリへのリンクの通知」の意味があるのです。

ブログは一つのエントリに一つのURLが与えられる事から、検索で辿り付いた人はヒットした単一のエントリだけを読んで他のサイトに飛んでいく事が多いでしょう。

後から書いたエントリによってその記事の内容を補足したとしても、古い記事へも関連新エントリのリンクを置かなければ、通りすがりの読者はその存在に気づかいないものです。

もちろん古いエントリを編集して文末にでも「関連エントリ一覧」のリンク集を置き、新たに書いたエントリへ誘導しても良いのですが、古いエントリを編集しなおすのって、結構面倒なんですよね。

関連する新たなエントリを投稿する際に、関連過去ログへトラックバックを送るほうが断然簡単。

新たなエントリからリンクするのが一つの記事だけなら、古いエントリを編集して相互リンク状態にしてもたいした手間ではないですけど、これが複数ある場合は、自サイトにトラックバックをするメリットが大きくなるはずです。

新しく書いたエントリに古いエントリへのリンクを生成する事で、過去ログの活性化にもなるので、関連する内容を書く場合は古いエントリへのトラックバックを送るのはオススメです。



ところで冒頭でわざわざ「セルフトラックバック」と名づけたのに、その後一回も使っていないことに、書き終わってから気付きました。

blog comments powered by Disqus

Comments: 10

#1016 Ken URL 2006-04-26 Wed 17:59

えっけんさんのブログは、「最新トラックバック一覧」を表示していないため、あまり関係ないのかもしれませんが、トラックバック一覧に自分のブログ記事ばかりが並んでいるのを見て、がっかりしたことがあります。
こちらが送ったトラックバックが、そういうのに流されてしまったのも、がっかりした原因の一つなのですが。

#1018 えっけん URL 2006-04-26 Wed 19:19

表示しているんですけどね、トップページには。

>トラックバック一覧に自分のブログ記事ばかりが並んでいるのを見て、がっかりしたことがあります。

gooブログのようにどのページも同じサイドバーになるシステムだと、確かにガッカリするかも。
贅沢を言えば、サイドバーの「最新のトラックバック一覧」では、セルフトラックバックは正規表現とかで除外してくれると良いのですけどね。
個別エントリの一覧には表示されるけど、サイドバーでは出てこないの。

#1021 sugar URL 2006-04-26 Wed 21:41

えっけんさんのトラックバックについての考察の中に、「無駄なトラフィックを増やさない」というのがあったと思うのですが、それから言うと、過去記事を編集するのが面倒だというだけでトラックバックするのはどんなもんでしょう?リンク生成はトラックバックじゃなくてもいいわけですよね。

ところで、セルフトラックバックをトラックバック一覧から排除するのはCSSでもできますが、「表示しない」だけなんですよね。流れるのを止めることはできない。この際、一覧表示の数を最大限に取っておいて、自分のブログからのトラックバックのみ表示しない、くらいしか、ユーザ側でできる手はなさそうです。

#1022 えっけん URL 2006-04-26 Wed 22:31

よくわからないのですが、過去ログをいじって新記事へのリンクを作るトラフィックと、トラックバック生成によるトラフィックというのは、そんなに大きな違いがあるのでしょうか?
あんまり変わらないような気がするのですが。

#1025 sugar URL 2006-04-26 Wed 22:56

わ、恥ずかしい。変わりませんね、きっと。

#1028 uiengineda URL 2006-04-27 Thu 00:24

> あんまり変わらないような気がするのですが。
人にもよりますが、気持ちの問題が予想以上に大きいかと思ってますがどうですか?
「今までの投稿を修正する」 < 「新しい投稿を書く」
という感じで、「新しい投稿を書く」ことが動機付けられたりしているんじゃないでしょうかね?私はセルフトラックバック賛成してます。

#1048   URL 2006-04-30 Sun 22:55

セルフトラックバック用のフィールドをブログツールがもてばいいじゃないか。

#1049 えっけん URL 2006-04-30 Sun 23:05

そうなんですけど、それを無料でサービス提供している会社に求めるのは酷な話だと思います。
サイドバーの「トラックバック一覧」から自ブログのアドレスは抜き取る(または表示しない)オプションがあると良いのですけどね。

#1056 π氏 URL 2006-05-02 Tue 00:22

よーく考えてみてください。

>関連する新たなエントリを投稿する際に、関連過去ログへトラックバックを送るほうが断然簡単。

断然簡単なんですが、その新記事に(自分のこの記事にトラックバックを送りました)とリンクを張っておかないと その関連記事には到達できませんね。

私がたまに使う手法は 過去の関連記事から現在の新記事にTBを送ります。
関連記事がつながりやすい気がしますので。

#1059 えっけん URL 2006-05-02 Tue 07:54

あー、自分のトラックっクポリシーの則っていることを前提にしているので、当然新記事→過去記事へのリンクは必須です。

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/117-deadf905
Listed below are links to weblogs that reference
自分のブログにトラックバックを送るのは読者にとっても便利 from ekken
Trackback from ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 2006-11-29 Wed 00:00

ブログの濁流に埋没するナレッジを再利用したい(2) 

 昨日のエントリーの続き。過去に書いたブログの関連エントリーを後から読みやすくす (more…)

Home > Web > 自分のブログにトラックバックを送るのは読者にとっても便利

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。