スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1159-2638a3f9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > Re:書くのと結果を確かめるのは、セットだからなぁ。

Re:書くのと結果を確かめるのは、セットだからなぁ。

タイトルには同意するものの、個人的にこの部分だけが受け付けなかったので。

ましてや、それなりに深刻な・重いことがらを上げたのならば、
『読まれてナンボ』、さらにいえば、
共感をもって読まれてナンボ』というのがほんとうの気持ちではないでしょうか。

私も自分のメモ書き的エントリを除けば、読まれてナンボと思っていて、だからこそリンク通知サービス(トラックフィード)を利用していたり、エゴサーチを行っているわけですが、共感をもって読まれてナンボという感覚は持ち合わせていませんでした。

自分の書いたものに対して共感の意思表示があるのはもちろん嬉しいのだけど、私としては「共感の確認」は決して主目的にはなっていないのです。どちらかというと自分が気付かなかった視点による異論が読めることのほうが面白いし、同じテーマで続きや別の話を書くことのモチベーションになったりします。

共感のみを求めてウェブにアップするという人も少なくないのかもしれませんが、読む人を限定しない公開では、反対意見や不快感の持ち主が出てくるのは当然のことだし、彼らにはそれを表明する権利があります。書き手にはその反応を読まない/無視する/再反論をする自由もあると思うものの、読み手に異論を出すことを禁じることはできません(反論するなと主張する自由はあるけれど、自分は意見するのに他人が意見することを認めないのはデンパさんに見えちゃう)。

こういうことを書くと「ekkenは荒らし等の嫌がらせを擁護するワルモノ」みたいな極端な反応があったりするわけだけど、嫌がらせコメンテーターは認証制度を取り入れたコメント欄で対処できるので、大きな問題とは思っていないだけ。外部でなされるあからさまな嫌がらせについては、それが多くの人に読まれることで、評価を落とすのは嫌がらせを行う人の方と判断されるだろうし、そうした判断がなされない場合は、自分のほうにもいくらかの非があるからだと思っています。

共感のみを求めるのであれば、異論を排除しやすいシステム(むかつく言及ばかりしてくる人をシャットアウトできるようなサービス、例えばmixiとか、FC2ブログのブロとも制度、はてなダイアリーでの閲覧許可id設定など)を利用すれば良いでしょう。閲覧者を限定するのは「共感をしてくれるかもしれない知らない人」を呼び込めないし閉鎖的だ、という人もいるかもしれないけれど、私が思うに「共感しか求めない」のは、それ自体が既に閉鎖的なのだと思います。

関連
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1159-2638a3f9
Listed below are links to weblogs that reference
Re:書くのと結果を確かめるのは、セットだからなぁ。 from ekken

Home > Web > Re:書くのと結果を確かめるのは、セットだからなぁ。

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。