スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1148-89477086
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > Googleのコメントガジェットに乗り換えた

Googleのコメントガジェットに乗り換えた

Googleのコメント機能を導入してみた B?の続き。

Google Friend Connectのコメントガジェットを設置して、いろいろいじってみた結果、当面こっちを採用し、FC2ブログにもともと存在するコメント欄は撤去することにした。

FC2ブログのコメント欄は、僕が利用したことのあるブログサービスの中では、かなりスパム対策が充実している。

  • 指定したIPアドレス、ホストからのコメント、トラックバックを禁止(正規表現可能)
  • 指定したキーワードを含むコメント、トラックバックを禁止(正規表現可能)
  • コメントを投稿時の認証画像表示可能
  • コメントに含む英数字の割合(任意で設定可)によってスパム判定し、投稿不可にする
  • FC2で設定した禁止ワードが自動でフィルタリング(任意)
  • コメント管理欄から、既に寄せられたコメントについて「スパムとして報告」(報告するとコメントが非表示)

これらの機能によって、スパムコメントが寄せられることはほとんど無い。他のブログサービスと比較しても、かなりスパム耐性が高いのではないか。

しかし残念なことに、FC2ブログにはコメントのID認証制度が用意されていない。ボットによるスパム対策は充実しているのだけど、嫌がらせ目的のコメンテーターを排除するのが難しい。

他の多くのブログサービスで導入されている「サービスにログインした者のみコメント可能」という機能が無いのだ。

数年前に、FC2スタッフのコメントで導入を検討しているというものを見たことがあるのだけど、未だに実現しないところを見ると、要望しているユーザーがあまり存在しないのだろうか。

FC2ブログは自由度がかなり高く、コメントのID認証制度が無いこと以外には大きな不満が無いので、他のサービスに移転することは考えていないけど(とかいいつつ、いくつかのサービスを試用してみたけど)、なんとかID認証制度を導入出来ないものか。

……ということで、たどり着いたのがGoogle Friend Connectのコメントガジェット。FC2ブログに取り入れるのは、割と簡単(Googleのコメント機能を導入してみた)なので、いわゆる「名無しさん」コメントを排除したい人に、オススメ。


前回は、Google Friend Connectのコメントガジェット(以下、「コメントガジェット」)導入方法を紹介したけれども、単に導入しただけではFC2ブログにもともと存在するコメント欄(以下、「コメント欄」と表記)と共存してしまう。このコメント欄を取り除きたいところだけども、単純にコメント欄に関するテンプレートの変数を削除してしまうと、既に寄せられたコメントまでもが表示されなくなってしまう。

過去に寄せられたコメントを残しつつ、新たなコメントを受け付けないようにするにはどうするか。

以下、僕が行ったこと。

FC2ブログでは、コメント受付の停止を一括で指定することが出来ないという欠点がある。「全ての記事のコメント停止」とか「選択した記事のコメント停止」という機能があっても良さそうなものなんだけど、ひとつひとつ「記事の編集」コマンドから「コメントを受け付けない」設定をしなければならない。これ、凄く面倒。

そこで、とりあえず直近の、コメント欄によるコメントを寄せられていない記事4~5件だけをコメント停止にし、テンプレートからコメント投稿に関わる部分を削除。コメント投稿欄を削除してしまえば、いちいち過去記事を「コメントを受け付けない」設定に変更する手間が無くなる。ケータイからの閲覧や、裏技による他のテンプレートを当てた状態の場合はコメント可能だけど。

テンプレートから<!--comment_area-->の部分を探し出し、<form~>から始まる投稿欄の部分(利用しているテンプレートにより異なる)を削除(当然<!--edit_area-->の部分も削除)。このとき、<!--comment-->~<!--/comment-->の部分は間違えて削除しないように。既に寄せられたコメントは、今後も残しておくことが目的なので。

次に、コメントを受け付けない場合に表示するための変数<!--deny_comment--> ~ <!--/deny_comment-->で括られた場所を探し、コレも削除。これは、今後新たにアップする記事が、全てコメント欄の停止した状態になり、コメントガジェットによるコメント受付になるから。コメントを受け付けていない場合に示す変数は必要ない。そして、それぞれのPermalinkに存在するはずの、コメント欄であることを示す場所(たいていは<h2>か<h3>タグで括られている「Comment」とか「コメント」と表示されている部分)を<!--allow_comment--> ~ <!--/allow_comment-->で括ってしまう。こうすると、コメントガジェット設置後、コメント欄を停止しても「コメント欄を示す場所」が表示されなくなる。

これでコメント欄からコメントガジェットへの乗り換えは、ほぼ完了。

だけどこのままでは、コメント欄利用時の「最近のコメント」のような表示が出来ないので、もう一歩進めると。

Google Friend Connectのソーシャルバー ガジェットを利用することにした。2010/05/04現在、このブログの下方に表示されている水色の部分。

このガジェットの取得方法は、コメントガジェットとほぼ同じ。設置すると最新のコメントが表示され、その部分をクリックすることで直近のコメントがいくつか表示される。これで「最近のコメント」と同等の機能を取得できた。

FC2ブログコメント欄からGoogle Friend Connectコメントガジェットに乗り換えるメリット

  • コメンテーターのID認証が出来る(匿名コメント可の設定もあり)
  • FC2ブログのコメント欄と違い、寄せられたコメント個別に返信が出来る
  • コメンテーターのコメント履歴がわかる
  • 嫌がらせ的なコメンテーターはブロックできる
  • 一つの記事に多くのコメントがついても、表示するコメント数は少なくて済む
  • 長文コメントがあっても、他のコメントを読む障害にならない(長文コメントは折りたたまれる)

うーむ、なかなかいいぞ、コメントガジェット。

問題は、既にこのブログには、ほとんどコメントが寄せられないことだけだ。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1148-89477086
Listed below are links to weblogs that reference
Googleのコメントガジェットに乗り換えた from ekken

Home > Web > Googleのコメントガジェットに乗り換えた

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。