スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1146-930e59fc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from ekken 2010-05-04 Tue 16:27

Googleのコメントガジェットに乗り換えた 

Googleのコメント機能を導入してみた の続き。 Google Friend Connectのコメントガジェットを設置して、いろいろいじってみた結果、当面こっちを... (more…)

Trackback from ekken 2010-07-11 Sun 19:50

IntenseDebate のコメント機能を導入してみた 

5月にGoogleのコメント機能を導入してみたのだけど、どうもGoogle Friend Connect関係がこのブログの表示を遅くしているような気がしてならないため、... (more…)

Home > スポンサー広告 > Googleのコメント機能を導入してみた

Googleのコメント機能を導入してみた

Facebookのコメントシステムを導入してみた B?んだけど、あっという間に撤去。

他のアカウントではコメント出来ない・コメントするたびに異常なまでにわかりにくい認証画像のテキストを入力しなくてはいけないのが×。そのうち改善されたら再考する事にする。

で、一連の流れでGoogle Friend Connectというものを知る。こちらにもブログのコメント機能代替になるものがあったので設置してみた。たぶんすぐに飽きて撤去すると思うので、画像を掲載。

Google Friend Connectのコメント機能画像

こちらのコメントシステムは、複数のアカウントでログイン可能。とは言っても、日本のユーザーだとGoogleアカウントかTwitterアカウントの二択になると思うけど。

FC2ブログに設置する方法

Google Friend Connectにアクセス、「開始」ボタンをクリックしサイトの設定。あ、Googleのアカウントは必須です。

「あなたのウェブサイトについて教えてください」のページでブログのタイトルとURLを入力。「ウェブサイトの言語」はそのままで可。

自分のブログの設定が出来たら、Google Friend Connect内に新しく表示された自分のブログのステータス欄の「概要」→「ガジェット ギャラリーを参照」→「コメント」という順にクリック。

オプションの「範囲」は「ID」に設定、IDはとりあえず「qqqq」に。(あとで区別の付けやすいものならばなんでも良い)

Google Friend Connectのコメントガジェット作成画面 その1

「コメント領域のデフォルトのテキスト」は、コメント欄のテキストエリアに表示させる内容。「コメントをお願いします」とか「ひとこと下さい」とか。

「コメントのヘッダー」は、そこがコメント欄であることを分かりやすくするためのテキストを入力。

Google Friend Connectのコメントガジェット作成画面 その2

「ガジェットのサイズ」は、自分のブログのデザインに合わせて、適当に。生成されたコードのwidth部分を、後から入れ替えても良い。僕はその部分を削除して可変幅にした。数値を空にした場合、幅が0pxとしてコード生成されるので、注意が必要。

「展開と縮小」では「展開して開始(展開/縮小を許可)」「縮小して開始(展開/縮小を許可)」「常に展開(縮小できません)」から選択。僕は「縮小して開始」を選んだ。そこがコメント欄であることが分かりにくいので、あとで「展開して開始」に変更した。

次に、表示されるコメント欄のテキストや背景の色を選んでコードを生成をクリックし、そのコードから先ほど入力した「qqqq」を探す。「qqqq」をFC2ブログのPermalinkを示すテンプレート変数<%topentry_enc_link>に入れ替えて<!--topentry-->~</!--topentry-->間の任意の場所に書き込むと完成。FC2ブログに備わっているコメント欄に近い場所の方が分かりやすそう。

後で気付いたのだけど、エンコードしたURLの変数<%topentry_enc_link>でなく、<%topentry_link>でも問題なく動作するようです。Google Friend Connectのコメント管理画面では、エンコードしていないURLのほうが分かりやすいし、URLをリンク化するブックマークレットを使ったときに便利なので、<%topentry_link>を使うことをお勧めします。なお、途中から切り替えた場合、切り替える前のコメント欄とは別物扱いになるので、要注意。


FC2ブログのコメント欄を使わずに、Google Friend Connectのコメント機能だけにすると、ID認証コメント欄の完成。匿名でのコメントを許可にする設定もあるけれど、「許可」を選ぶとこのコメントシステム導入のメリットは少ないかも。

ID毎にコメントを拒否する機能があるので、嫌がらせ的なコメントばかりする者はブロックできるけど、ブロックしちゃうと、そのIDのコメントは全て削除しちゃうみたい。ブロックしても任意のコメントは残しておく機能が欲しいところ。

追記
 

早くも他のコメントシステムに切り替えることにした。

同じGoogle Friend Connectのものだけど、ちょっとだけ高機能。コメントを統合することができないようなので、この記事で紹介したツールによるコメントは、ここに残しておくことにする。

Permalinkとコメントガジェットを結びつける為のテンプレ変数を、エンコードしていないURLのものに変更した。変更前の変数を利用したコメントは、この記事の本文に残しておくことにする。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 2

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1146-930e59fc
Listed below are links to weblogs that reference
Googleのコメント機能を導入してみた from ekken
Trackback from ekken 2010-05-04 Tue 16:27

Googleのコメントガジェットに乗り換えた 

Googleのコメント機能を導入してみた&nbsp;の続き。 Google Friend Connectのコメントガジェットを設置して、いろいろいじってみた結果、当面こっちを... (more…)

Trackback from ekken 2010-07-11 Sun 19:50

IntenseDebate のコメント機能を導入してみた 

5月にGoogleのコメント機能を導入してみたのだけど、どうもGoogle Friend Connect関係がこのブログの表示を遅くしているような気がしてならないため、... (more…)

Home > Web > Googleのコメント機能を導入してみた

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。