スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1136-beb144a0
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > メールの送信先の敬称問題

メールの送信先の敬称問題

先日話題になっていた、メールの宛名に関するアレ。

要するにメールを送る際には To~の部分には相手のメールアドレスではなく「様」付きの名前にしましょう、それが「マナーのあるメールの書き方」です……というものなんだけど。

この話がはてなブックマークでも随分と話題になったようで。

で、これを読んで、数年前に書いた自分のブログエントリを思い出したので、ここに再掲。マークアップなどはちょこっとだけ変えてあります。


メールを受信した際に気になることがあります。

メール本文のことではないのですが、メッセージの「宛先」に表示されている受信者側(この場合、僕)の名前一覧ですね。

「ビジネスマンのためのメールマナー」みたいなムック本でも、たまに見かけるのですが、その手の本によるとアドレス帖に相手の名前を登録する際は、敬称付でというのが、エチケットだ、というのです。

下の画像の赤い囲み部分をご覧下さい。

メーラーの宛先キャプチャ

「宛先」部分に役職名や「氏」がついています。

僕はメールを通してのコミュニケーションをあまり行わない物ですから、メーラーの機能を熟知していないのですが、outlookExpressのアドレス帖には「敬称」を入力する欄がありまして、僕ははじめ、ここに敬称を入れておくと自動的に相手へのメーラーの「宛先」部分に「様」を付けているのだろう、と思っていました。

で、実験してみました。

「越後屋健太」とアドレス帖に登録し、敬称欄に「様」をいれて(画像参照)、自分の別メールアドレスに向けてメール送信。

アドレス帳のプロパティ画面

この場合、受信者の「宛先」部分に表示されるのは「越後屋健太」でした。「様」はついていません。

Googleで「メール 敬称」を検索してみました。

読売ネット:メール送り先のあて名に敬称は付けられる? (注・リンク切れ)を読む限り、やはりアドレス帖の敬称欄に入力した物は、相手のメーラーで反映される物ではないようです。

メールを受信した際に「宛先」欄に表示される越後屋は、相手がわざわざアドレス帖の姓名欄に「越後屋様」と入力している物のようですね。(ニックネーム欄に入力した場合は、そちらが優先されるみたいです)

受信した人が「宛先」欄の自分の名前に敬称がついていないことで、どのくらいの人が「無礼なやつだ」と思う物なのでしょう?

少なくとも outlookExpress のソフト開発者は、メールの宛先欄に関して敬称を略すことが、マナー違反とは考えていなかったのでしょう。

ちなみに僕自身も、メール本文で呼び捨てにされること(ハンドルじゃなくて、本名において)については、やはり抵抗を感じますが、宛先欄については別段何も感じませんし、メールマナーとして社会的に認知された物だとも思ってません。

もし宛先欄に呼び捨てで表示されることが、「やってはいけないメール作法」となるようであれば、ソフト開発者側で自動的に敬称を挿入する仕様になると思いますし。

それでも「手紙において宛先を書く時に、敬称をつけない人はいない」と郵便手紙での常識を持ち出して「これがメールでのマナーだ」と言い張る人は存在すると思います。そして遠くない将来、その考えが多数派になるかもしれません。現実にそうなってしまえば、恐らくは僕もそのマナーに従うとは思う物の、現段階で「それがマナーだ」と主張する人に限って、平然とHTMLメールを送ってきたり(outlookExpressのデフォルトがそうなっているせいだろう、きっと)、添付ファイルをexe形式で送ってきたりするものです。

中には、添付されたファイルが自分のアプリケーションで開けない時に、平然と「ナントカの最新バージョンのCD貸して」という法に触れる行為を行っていたりする人もいて、なんだかなぁ、と思うことが多かったりします。

古くからあるしきたりを大事にする人は、ITに関して守らなければならないことを、案外気にしていないのではないでしょうか。


これを書いた当時とは、ちょっと考えが変化しているので、付け加え。

今でも「メールの宛先に‘様’をつける」のはなんちゃってネットマナーだと思っているものの、最近は相手によっては、アドレス帳の名前欄に「様」を付け加えています。

それは、相手が送ってくるメールのTo~の部分(つまり僕の名前)に「様」が書かれている場合。

この場合、相手は恐らく「メールのやり取りの際に、相手の名前に敬称がついていないと失礼にあたる」と考えていると思われます。こうした人は、自分が受信するメールの自分の名前の表示部分に敬称がついていないと、不快感を覚える可能性が高いのではないか、と。

ネット上のみの知り合いの場合、自分と価値観が合わない人と断絶しても別に構わないと思うけど、仕事の付き合いがある人の場合、相手に「越後屋は失礼な奴だ」と思われるのはよろしくないですね。

わざわざ「様」を付け足してメール送信してくる人は、やはり少数派っぽいし、アドレス帳に「様」付きの名前を登録するのは、そんなに面倒なことではないので、最近はこうしたなんちゃってネットマナー信者に対しては相手に合わせるようにしているのですよ。まぁ、内心では「くだらない習慣だなぁ」とは思っているんですけど。

blog comments powered by Disqus

Comments: 3

#4261 てくり URL 2010-04-09 Fri 10:21

働いていたときは、取引先の人を「様」つきで登録していました。
これって、誰か一人がやると、それを受け取った人が追随して、どんどん拡散し、
それが常識化していくようです。
社風などの社内常識というのと違って、取引先も巻き込んでいくので、
近い将来、日本の常識になるのかも・・・なんて思ったり。
それにしても、敬称欄は何のためにあるのかしらん。。。
まあ私が使ってるメーラーには敬称欄なんてないんですけどね。

#4262 てくり URL 2010-04-09 Fri 13:09

そういえば、一番最近では、返信のときの手間を考えて、
あて先にはメールアドレスが表示されるように表示名なしで登録という方法に変更してました。
仕事関係のメールは、たいてい自社、他社とも複数人あてが多いので
返信するとき、いちいちあて先を入れなおすのが面倒なんですよね。
自分の会社の人に「様」がついてたら変だし。
ちょっと考えすぎですかね。

#4264 ekken URL 2010-04-10 Sat 21:15

再掲しているテキストを書いた当時は、きっと「様付き」宛名が氾濫していると思っていたんですけどねぇ。
会社のメールを見る限り、徐々に増えつつあるものの、まだまだ少数派。
プライベートではメール交換していないので、仕事を離れたメールでどうなっているのかは謎。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1136-beb144a0
Listed below are links to weblogs that reference
メールの送信先の敬称問題 from ekken

Home > Web > メールの送信先の敬称問題

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。