スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1127-ecac8d2e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 同人サイトと検索避け

同人サイトと検索避け

「検索避け」をしないと危ない、たった一つの本当の理由

同人関係ウェブサイトを楽しむ人の中には「検索避けをすることが絶対的なマナー」と信じている人も少なくないようで、なんだかよく分からないのだけど「検索避けをしていないと、ものすごく危険ですよ!」ということらしい。

検索避けをしていなかったために、サイトマスターが変死したというニュースは聞いたことがないので、どういう危険が待ち受けているのかさっぱり分からなかったのだけど、検索避けに関するキーワードをウォッチしていて最近気付いた。

同人関係のウェブサイトを運営するのならば、やはり検索避けはしておいたほうがいいのではないかと。

検索避けが義務とまでは思わないものの、嫌がらせ行為を受けないためには、検索避けをしておくに越したことはないのでは、と思うようになった。

何故なら、「検索避けが同人サイトのマナー」と信じる人の中には、ちょっとアタマがイカれちゃったひとも決して珍しくなく、検索避けをしていない同人サイトを探しては「なんで検索避けをしないのッ! 同人サイトの常識ですよッ! 晒されて荒らされて閉鎖に追い込まれますよッ!」と、執拗にアドバイスを書き込み、検索避けを強要する人がいるからだ。(自分が荒らし行為をしている、という自覚がないのが困ったところ)

たまたまウェブ検索でたどり着いた人の多くは、興味がなければ素通りすると思うけど、同人サイト検索避けタカ派の人は、それが「全同人サイトマスターが守るべきローカルルール」と信じて、強行に迫ってくることもあるので、デンパさんとの接触を避けるためには、是非とも検索避け。


二次創作サイト狩りに対して「検★索★避★け」には意味がない

いわゆる二次創作サイト界隈において、検索避けを推奨する人の中には、著作権的に後ろめたさを感じ、扱っている原作の題名やキャラクター名を適当にぼかしているケース(例えば「ドカベン」を「ド/カ/ベ/ン」とか「ド★カ★ベ★ン」「ドカベソ」「ドカ便」などと表記)が見られるのだが。

二次創作サイトが著作権的にクロかシロかという判断はさておき、題名やキャラクター名のウェブ検索・ブログ検索によって行われる「二次創作サイト狩り」から逃れるためのものなのだとしたら、これは極めて効果が低いと思っていい。

「二次創作サイト狩り」というものが本当に行われているのだとしたら、サーチ逃れしている題名(……とその表記揺れ)をあたるよりも、もっと効率のいい方法があるからだ。

「原作者様とは関係ありません」のような、二次創作サイトにありがちな‘お約束文句’をいくつかサーチすると、その手のウェブサイトが大漁まつり。

同人サイトに書かれている「はじめに」とか「利用規約」といったローカルルールの文句は、都市伝説的に広まったとしか思えないほど似通っていて、まるで「検索で見つけてね」とでも言っているかのようなのだ。

追記 2010-03-23T21:58:34+09:00

続き書いた。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1127-ecac8d2e
Listed below are links to weblogs that reference
同人サイトと検索避け from ekken

Home > Web > 同人サイトと検索避け

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。