スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1104-ae20acd5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > ブログのコメント欄をFriendFeedに任せてみる

ブログのコメント欄をFriendFeedに任せてみる

以前から、FC2ブログのコメント欄はIDによる認証制度を使うことができなくて不便だなぁ、と思っていた。

OpenID などによる認証が必要なコメントのみ受け入れ、あからさまに嫌がらせ目的で取得したIDによるコメントはID単位で拒否設定という機能を設ければ、スパムコメントは撲滅、荒らし対策にもなるので、需要は多いはずなんだけど。

先日RPMさんが、FC2ブログに外部コメントサービスDISQUSを導入する方法を紹介していた(コメントシステムにDISQUSを導入し、スパムコメントと決別した : WebとPCのメモ帳 )のだけど、FC2ブログだと回避できない不具合なんかもあったりして、DISQUS用にカスタマイズしたテンプレートは削除。

何か別の方法はないものか、と考えていたところ、FriendFeedでコメントしてもらうことを思いついた。

FriendFeed - リンクを埋め込むに「"FriendFeed" で共有リンク」のコードを取得できるのだけど、これはBlogger とWordPress用のものなので、これを適当にいじってFC2ブログで使えるようにする。

Permalinkの部分を「URLエンコード化したエントリーURL」の変数、タイトル部分は「URLエンコード化(euc)したタイトル」の変数に書き換えるだけ。

<a href="http://friendfeed.com/?url=<%topentry_enc_link>&amp;title=<%topentry_enc_utftitle>" target="_blank"><img src="http://friendfeed.com/static/images/chiclet.png" alt="FriendFeed で共有"/></a>

コメントを投稿してもらうリンク画像( )をクリックするとFriendFeedの投稿欄に移動するので、そこでコメントを書いてもらう。

これだけだと自分のブログがFriendFeedで取り上げてもらったことに気付かないので、これとは別にその記事のURLをFriendFeed検索するリンクを作成。

<a href="http://friendfeed.com/search?q=<%topentry_enc_link>"><img src="【画像のURL】" alt="FriendFeed で見る" title="FriendFeed で見る"></a>

画像はFriendFeedの公式画像( )を、ちょこっとレタッチしたもの( )を使った。「コメントを読む」の部分に先ほどのコードを記述、クリックするとその記事のURLをFriendFeedで検索した結果ページに移動する。

FriendFeedの検索対象とする範囲を設定することもできるので、コメントのやり取りをしたい友人にFriendFeedユーザーになってもらえばコメントコントロールすることもできる。(削除はできないが、読みたくなければ購読を解除すれば良い)

Twitterははてなブックマークと連動させてFriendFeedを使う人が多いので、検索結果も思った以上に得られるようだ。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1104-ae20acd5
Listed below are links to weblogs that reference
ブログのコメント欄をFriendFeedに任せてみる from ekken

Home > Web > ブログのコメント欄をFriendFeedに任せてみる

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。