スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1102-cdd77d28
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > RSSの日付と時刻の話の続き

RSSの日付と時刻の話の続き

↓この続き。

よっしみ~☆さんの主張をまとめてみた。

  • ウェブ上の文章は、時系列に沿って読まれなくてはならず、書き手が任意に変更するのはよくない
  • 投稿した日付や時間を書き手の都合で変更するのは、単なるローカルルールであって、迷惑行為である
  • 未来時刻に設定するのはありえない。世界的に見ても鼻つまみ者扱いされることだ

よっしみ~☆さんが、個人的にそれを守って「ブログの記事は書いた順番どおりに発表」し、「発表後は絶対に時刻設定を変更しない」のは構わないと思うのだけど(というか時刻を変えたくてもYahoo!ブログでは変更できないのだけど)、自分の考えと異なるブログユーザーの行動について、常識に反する行為と考えているのが理解できませんでした。

少なくとも私の観測範囲内では「ブログの記事の投稿時間を変更してはならない」などという“常識”は存在していないのですが、もしどこか権威のある団体もしくは個人が「ブロガーが守るべき常識」として発表しているとしたら、私の勉強不足なので、URLの提示をお願いします。

時系列に沿って読まれるべきか?

ブログはパーマリンクごとに読まれるものだと思います。普段から交流のあるネット友達の場合は、普段からその人のブログを読んでいるのでしょうが、ブログの読者って、ネット友達よりもイチゲンさんのほうが多いんじゃないかなぁ。私のブログでは1週間毎のアクセス元をランク付けするサービスを利用しているのだけど(ekken - リンク元情報)、ランキングの上位はいつも検索サービスからです。

せっかく時系列に並べて書いていても、検索サービスからたどり着く人が、先に書いた記事を読む保証なんてどこにもないわけで、書き手は記事が独立して読めることを意識して書くか、そうでなければ「その記事を読むに当たって事前に読んでおくべき記事」を最初にリンクしておくのが良いのではないかと思います。

金融や商業的利用などの為に考えられたとの事ですが(これが確かなのかどうかは知りませんが)、その場合は、「金融や商業的に利用している人」が、古い情報・誤った情報の伝播を防ぐために、自分たちの情報発表の時刻を守れば良いだけの話で、これを趣味でやっているブログにまで適用する意味が分かりませんでした。


日付や時刻の変更は迷惑行為か?

時間の変更理由はいろいろあるでしょうが、これを迷惑行為と考える人が存在するのは、ちょっと意外でした。

ブログの情報は投稿した時刻が表示されているのが便利、というのは同意なんですが、過去に投稿した記事に加筆・訂正をする場合もありますよね?

その場合「記事が書かれた時刻」をどう扱うのが望ましいのでしょう?

いくつか思いついたので列記すると。

  1. 加筆・訂正の時刻は必要ない
  2. RSSに含まれる時刻はそのままにして、加筆・訂正部分はins要素とdatetime属性などで記述する
  3. RSSに含まれる時刻はそのままにして、追記であることを日時とともに明記する
  4. 加筆・訂正した時刻のみ分かればよい
  5. RSSに含まれる時刻を加筆・訂正時刻に変更して、追記前の投稿日時を明記する

個人の考え方にもよるでしょうが、私は5番目の「時刻を訂正、追記前の時刻を明記」を推したい。

何故なら、RSSに含まれる時刻を加筆投稿時刻に変更しておかないと、加筆したことが読者に伝わりにくいから。時刻を変更して投稿すると、ブログ検索結果の表示順番も上になるし、RSSリーダーの読者にも「新着記事」として伝えられます。しかしRSSに内包される時刻を変更せずに加筆しても、加筆したことに気付く読者は少ないはずです。一度読んだと思っているブログの記事は、新たに更新されたことを知らされなければ、再読する可能性は極めて低いでしょう。都合が悪くて書き換えたことを知られたくないのならば別ですが、やましいところがないのならば、追記前の時刻をテキストで書いた上で、投稿時刻を変更したほうが親切じゃないかなぁ。

もっとも「ウェブにアップした記事は、いかなる場合も削除・変更してはならない」と信じるのならば、この限りではありません。ただしその場合、寄せられたコメントやトラックバックを自己都合で削除することに疑問が生じてきます。


時刻変更できなければ「日記」にならない

ブログサービスをウェブ日記として利用している人も多いと思いますが(そういうユーザーが大部分ではないかと思う)、「日々の出来事は毎日欠かさずに残しておきたい」けれども、生活時間などの制約などから、毎日ネットに接続することが出来ないなんて人も考えられます。

このような場合、日記の日付を投稿時刻ではなく、書かれている行動を起こした日(過去)に設定したい人も多いでしょう。日付の変更が出来ないと、不便ですね。

「記事を書いた日」と「実際に投稿した日」が異なる場合だってあるはずです。


未来時刻で投稿しても「アリバイ工作」にはならない

時刻を未来に設定するのは「犯罪のアリバイ作り」の可能性がある、との事なんですけど。

ブログの投稿時刻を未来にすることで「犯罪のアリバイ」になると考えているような犯罪者がいるとは思えませんでした。

そのブログが読まれた時点で、まだ到達していない時刻が表示されていても「犯罪のアリバイ工作」とはなりえないですよね?

指定された投稿時刻に公開される設定つきのサービスもありますが(FC2ブログ他)、この場合もサービスのほうで投稿時刻と利用したホストが記録されているでしょうから、アリバイの材料としては欠点がありすぎます。

端末と接続環境さえあれば、どこからでも更新できるのがブログサービスの魅力なのですから、犯罪のアリバイ作りとしてはほとんど役に立たないのではないかなぁ。

誤解から犯人にされそうになった場合に「自分はそのとき自宅にいて、ブログを更新していた」という証明に利用することは出来るかもしれませんが、犯人のアリバイ作りには役に立たないような気がします。


「ネットでの行動時刻」を知られたくない人は案外多い

以前話題になったMyはてなのアレ。

私としては「他人にネット活動時間を知られたくないのならうまくごまかせ。でも自分が知らないだけで案外垂れ流しだよ」と思うのですが、どうも私の主張はなかなか理解されなかったようで、多くの反発があったようです。当時のやり取りから、はてなユーザーの中にはかなりの割合で「RSSに詳細な更新時刻を内包したくない」と考えている人がいると感じました。RSSで行動時間を知られるのは、プライバシーの漏洩と考える人もいたようです。

ということなので、RSS内包時刻は含まれないとか、任意に設定可能なほうが多くのユーザーにとって幸福なのではないか、と思いました。

但し、ブログのコメント欄などでは、多数を演じた少数の嫌がらせコメント(いわゆる自演行為)を見破りやすくするために、投稿時刻がごまかせないほうが好都合だと思います。(そしてコメンテーターの側が投稿時刻を操作できるサービスを、私は知りません)


「投稿時刻を変更できない」ことで不都合が起こるYahoo!ブログのアレ

このブログで何度も取り上げているYahoo!ブログの転載機能ですが(このブログのタグ「転載問題」の検索結果)、今でも「転載して広めてください」のチェーンテキストがたくさんあるのですね。

誤った情報や既に古くなった情報が、何の検証もされないまま誤解だけが広がっていく、というYahoo!ブログの転載機能の最大の欠点は、「転載したら、その時点で最新情報」になってしまうことです。

他人の記事に何らかの感銘を受け、自分の手元(ブログ)に残しておきたい、という欲求もあるのでしょうが、Yahoo!ブログの仕様上、転載した時刻が情報投稿の時刻に書き換えられてしまうのですね。転載記事を読んだ読者は、転載元の記事を確認しなければ情報発表の時刻が分からないのです。これは読者にとって不便なことだと思います。


……と、ここまで書いていたところ、よっしみ~☆さんから新たな情報が寄せられました。

なるほど、これは分かりやすかったです。

ある情報に関連した複数のRSS配信サービスをまとめて読む場合、その時系列がはっきりしているのは確かに便利。

……便利なんだけど、RSSリーダーで読んでいる情報が、時系列的にみて整合性がとれているか否かは、そこに書かれているテキストを読めば分かることなんじゃないかなぁ。中身を確認せずに、記述された時系列が疑わしいことを理由に相手の主張・行動を否定するものではないと思いました。


ということで、よっしみ~☆さんの意見を取り入れ、RSSと更新時刻に関する私の考えのまとめ

  • ある話題について複数の場で情報交換される場合、投稿時間がごまかされないほうが、公平な議論を維持しやすい
  • 情報について加筆や訂正が行われる場合、前回発表時の投稿時刻を明記の上、新たな更新時刻に書き換える(更新したことをあえて告知する必要がない場合、加筆時刻が記事内に明記されていれば良い)
blog comments powered by Disqus

Comments: 2

#4214 otsune URL 2009-11-10 Tue 21:39

>「記事が書かれた時刻」をどう扱うのが望ましいのでしょう?
http://hail2u.net/blog/rss/modified_issued_and_created.html にそのものズバリの参考記事が有ります

#4215 ekken URL 2009-11-10 Tue 22:08

情報どうもです。
……といってもよくわからなかったのですが。
Atomでは作成時刻・公開時刻・最終更新時刻を示す要素が別々に存在するのだけど、それが有効活用されていないってことなのかな?

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1102-cdd77d28
Listed below are links to weblogs that reference
RSSの日付と時刻の話の続き from ekken

Home > Web > RSSの日付と時刻の話の続き

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。