スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1099-e972bd42
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 「服従するが果たさない」閉鎖に関しての続き

「服従するが果たさない」閉鎖に関しての続き

「服従するが果たさない」閉鎖に関して にいろいろ言及いただいたので、その続き。

ブックマークコメントでの反応を見ると、「そんなマッチョな思想を他人に求めてどうする」と言う意見が多かったと感じた。他にもいろいろな批判があったが、一番多かったのが、この種の意見だと思う。

ブログ上でも同様の言及があった。

このエントリ(引用者による註:「服従するが果たさない」閉鎖に関して)のid:ekken氏は残念ながら自分の規範を他人に押しつけているように見える.これでは実名絶対主義者なんかがやってる事と変わらないのではないか.blogを始めたり止めたりするのは自分の決断でオケオケよ.「俺は他人に不快感を与える事をなにも恐れない!」と強い意気込みで頑張るのも自由,「うわわーなんか変なメール来たわー」って止めちゃうのも自由.
要するにekkenの言っているのは「テロを恐れて表現は出来ないよ」ということであるが、これは自分に言いきかせることではあっても、他人に強制するものではない。

他にもいくつか似たような意見があったと思うが、こういう考え(脅迫行為に屈して閉鎖するのは当人の自由だろう、他人にマッチョ思想を求めるのはいかがなものか、という主旨と理解)に、私は同意している。同じような脅迫行為が、私自身になされた場合は無視するが(これまでに何度かなされてきた脅迫行為について、そのように対応してきた)、同じような対応を他人にまで求めているつもりはない。

今回の件において、私は「テロを恐れて表現は出来ないよ」というような主張を行ったつもりはまったく無かったので、正直これらのコメントには驚いた。(発端となったブックマークコメントでは、そう読み取られても仕方がないと思うが、前回の記事に対する反応としては意外だった)

私は「マッチョでいたほうがウェブサイトの運営上都合がよい」とは考えているし、自分自身はそうしている。自分とは絶対に分かり合えない思考の持ち主が、少なからず存在するだろうと思うし、そういう人は自分の主張を押し通そうとするあまり、粘着的な荒らしに変貌することが多いことを経験上知っている。こういう人とプロレスごっこをするのも面白いものだし、実際そうしてきたことも多いものの、プロレスごっこには精神的疲労を伴うことが多く、一般的には無視することを推奨してきた。

ところが、今回のmatasaburoさんの件について私が主張したのは「もっとマッチョになろうよ」とか「脅迫行為に屈するな」ということではない。脅迫行為とは無関係な部分でmatasaburoさんを批判したのだ。

「落ち込んでいる人に対して、追い討ちをかけるように批判するのはよくない」というコメントが出てくることは半ば承知していたが、閉鎖が実行されてからでは言及の意味が半減すると判断した。

前回の主張を改めて記しておくが。

  • 笑いとは、その提供者の意図とは無関係に、知らない誰かを不快にさせる要素を持っていることが多い
  • 他者に不快感を与えることを恐れるのならば、安易に「笑い」など提供できない

matasaburoさんは「他者に与えるかもしれない不快感」については承知していたらしく、サイドバーにその旨が記載されていた。しかし私には、その注意書きは「不快感を表明されることに対する回避策」に見えた。「他人に不快な思いをさせたくない」という気持ちは、極めて常識人の発想で、これを責めるのは難しいし、また責める必要性もないのだけど、「他人を笑わせる」という行為には、常に「想定外の誰かを不快にさせる」可能性が付きまとっていることを知っておいて欲しい。

そしてそれを知っていたのなら、「不快に思ったら、ごめんなさい」なんてエクスキューズは不要だ。その謝罪が、不快表明をやり過ごすための、表面上だけの物に見えてしまう。


今回の私の言動について「ekkenのやっていることはいじめっ子と同じだ」というようなコメントがあったようだが。

多くの人がmatasaburoさんの提供する笑いを楽しんできたのは、閉鎖宣言記事に寄せられたブックマークコメントによって証明されているが、「多数が楽しんでいるのだから、ごく少数が不快を感じるのなんて我慢しろ」という人がいたとすれば、それこそいじめっ子の発想だろう。今回のきっかけとなった脅迫行為に及んだ人の場合は、デンパに過ぎて弁護の余地も無いが、matasaburoさんのブログには、スキャンダル行為のあったタレントがネタにされていたこともあり、こうしたネタについては、表明されなかっただけで不快感を抱いた人は少なからず存在すると思う。「存在の確認できない誰か」を持ち出して他者を批判するのは好きではないので明言しておくけど、いくつか読んだことのあるmatasaburoさんの記事の中で、そのネタに関しては私が(不快というのはちょっと微妙な)違和感を覚え、「これをネタにして笑って良いものか」と思ったことは記しておく。

matasaburoさんは「笑い」のセンスが素晴らしかったのだけど、見知らぬ他者に「笑い」を提供するには、ちょっとデリケートに過ぎたのだと思う。その優しさは、笑いのセンスについて共有可能なオフラインでは十分に発揮できると思う。

脅迫者に対してマッチョである必要は感じないが、不特定多数の他人に笑いを提供するのならば、それなりの図太さが必要なんじゃないか。あ、結局別の意味で「マッチョであれ」になっちゃったなぁ。

blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1099-e972bd42
Listed below are links to weblogs that reference
「服従するが果たさない」閉鎖に関しての続き from ekken

Home > Web > 「服従するが果たさない」閉鎖に関しての続き

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。