スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1081-1a288208
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 無断RTとか

無断RTとか

1

私はあまり熱心なTwitterユーザーではないので、少し前までTwitter文化の「RT」というものが理解できなかった。

なので、Twitterでたまに見かける「RTされるのなんてTwitterでは当たり前(常識)だろう」「無断RT禁止は無断リンク禁止と同じようなもの」などと「無断RT禁止」を嘲笑するような発言に、違和感を覚えていた。

最近になって、Twitterの改定された利用規約に「ユーザーはTwitterでの発言を誰でも自由に使うことが出来る」というような文言があることを知ったものの、多くのユーザーはこの利用規約自体知らないのではないだろうか。

著作権:Twitterは、ユーザーのつぶやきを「使用、コピー、複製、加工、改作、変更、発表、送信、表示、配付」することができます。これこそわれわれが行なっていることだからです。しかし、そのつぶやきは投稿したユーザーのものであり、所有権はユーザーにあります。

無論、Twitterに限らず多くのウェブサービスの利用に当たっては、利用規約に同意しているはずだし、規約の予告無き改変についても免責されていると思うので、サービスの規約が気に入らなければやめちゃえば良いのだけど。

だけどこの利用規約を知らないユーザーにとっては、RTは引用の域に達しない単なる無断転載で、しかも元発言に対してリンクすら行われていないことも多いことから、嫌悪感を示す人が少なくないのも分からないわけでもない。

以前の私の観測範囲では「引用については寛容・無断転載については嫌悪」という人が多かったのだけど、Twitterが流行ってからは事情が変わってきたようだ。



2

全盛期のえっけんさんなら、“NGワード「無断多重RT禁止」”って記事をもう書き上げている頃。

利用規約によって「Twitter内の発言は誰でも自由に使って良い」とされていることから「無断多重RT禁止」はNGワードだろう(と、かつてのekkenならば言っているはず)というのがまなめさんの発言なんだけど、多重RTを繰り返されるとオリジナル発言者の特定が難しくなって、話の流れが追いにくくなるので、個人的には多重RTはしないほうが好み。

Twitterユーザー間では「利用規約に謳われている」を理由に無断・多重にRTを行うのは自由なのでしょうが、Twitterの発言を読むのは必ずしもTwitterのユーザーとは限らないわけで、(無断はともかく)多重RTはヨソモノを排除している感じが否めないなぁ。「半年ROMれ」の法則なのかもしれないけど、多くの人の意見を聞いてみたいと考えた場合、RTによって切り取られた部分ばかりが注目されてしまうTwitterは、議論の場には向いていないと感じる。

話の流れをうまくまとめたTwitterログを作成している人が、今後は重要視されるようになるかもなぁ。


3 (追記 2009/10/07)

どうやらTwitterの利用規約に関する私の認識が間違っているらしく、ブックマークコメントで津田大介さんがURLを提示してくれた。

Twitterユーザーに対して「APIやRSSによって外部で表示されることがあるよ! Twitterではそれを認めているので、Twitterユーザーはそのことを予め了承しておくように!」という話と認識したんだけど(違う?)。

マッシュアップによる外部での表示がOKなのだとしたら、手動コピペによる転載がダメ(津田さん曰く“「twitterのまとめはOK」みたいなデマ”)というのがよく分からなかった。改変を行わない&元発言に対するリンクが行われるなどの措置が採られていれば、実質的にAPI利用による表示形式の変換と変わらないような気もするのだが、どーなんだろう。

私としては「改変されない/元発言へのリンクがある」状態でのコピペは、(情報としての価値は低いと思うものの)許容範囲なんだけど、RTの場合「元発言へのリンク」が無いことが多いからなぁ。


4 (追記 2009/10/07)

私は「付加価値が伴わないのならば、転載するよりもリンクすれば良いだろ」と思っているので、RTという使い方自体疑問を感じている。(サービスのほうで認めているっぽいから問題は無いのだろう、というのが2までの話)

少し前からTwitter検索の「無断RT」をリーダーに登録して読んでいるんだけど、ユーザーの中では「無断RT禁止」というつぶやきに対して嘲笑する傾向が高いように読み取れることに疑問を感じた。

あんまりまとまりの無いまま投稿したのがこの記事なんだけど、私よりも少し前にtt_clownさんがアップした記事が、私が考えていたことに近いのでリンク。

「無断RT禁止」を「無断リンク禁止」と同様に扱う人がいるけれど、これについてはtt_clownさんと同じく、無断RT禁止は無断リンク禁止と同一視できないと思っている。

Twitterユーザーの中には「RTされることがステータスシンボル」のように考えている人もいるようなんだけど、RTってのは私にはチェーンテキストの一種にしか見えないんだよなぁ。

そのうちYahoo!ブロガーよろしく「善意のRTでこの情報を広めてください」とか出てきたりして。

140字という制限では、引用を成立させることも難しいはずで、元発言に付加価値の伴わないつぶやきは個人的には不要。TLのオプションとして「RTは表示しない」というのが欲しいところ。元発言へのリンクがあれば、その発言の前後関係を知ることが出来るけど、RTでは個別発言へのリンクが無いので、その部分のみで言及が広がり、元発言者への誤解が広がりやすいと思う。つまり、RTによって広まった情報を元に議論を展開するのは危険ということ。


5 (追記 2009/10/07)

規約上はRTは無問題みたいだ。

ユーザーが提出し、投稿し、又は表示するコンテンツについては、本サービスの他の利用者はこれを閲覧することができるものとし、さらに、第三者のサービスとウェブサイトを通じてこれを閲覧することができるものとします(あなたのコンテンツを閲覧する人を制限したい場合は、アカウント設定に進んでください)。本規約に基づいて他者と共有してもよいと思うコンテンツだけを提供してください。

「他人に利用されたくない人はprotectしろ」というのがサービスサイドの見解らしい。但し、ユーザーのコンテンツが著作権を侵害する形でコピーされたとユーザーが確信する場合は、弊社に対して次の情報を提供してくださいTwitter / サービス利用規約)という記述もあることから、コピペした文章を「自分の発言」であるかのように振舞うのはイケナイことなのかも。

うーむ。公式実装されるRTには、ぜひとも個別発言への自動リンク&を実装して欲しいところ。

blog comments powered by Disqus

Comments: 2

#4175 pollyanna URL 2009-10-07 Wed 12:58

既にチェーンメール的なRTの使い方も出てきてますよ。
http://twitter.com/yuzuki_m/status/4462056691
このなかの適当なフレーズで検索すると、大量にRTがひっかかってきておもしろいです。

#4176 ekken URL 2009-10-07 Wed 21:41

これは面白い情報をありがとうございます。
RTしてください - twitter検索
http://pcod.no-ip.org/yats/search?query=RT%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84〈=ja
こんなのもあった!

↑と言うところまで書いてポストしたら「英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました。」とでてイヤーン。

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1081-1a288208
Listed below are links to weblogs that reference
無断RTとか from ekken

Home > Web > 無断RTとか

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。