スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1073-842de7cc
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > Amazonの個別ページから、自分のFC2ブログで紹介した記事を探すブックマークレット

Amazonの個別ページから、自分のFC2ブログで紹介した記事を探すブックマークレット

そういえばすっかり忘れていたのだけど、僕がウェブサイトを作ろうと思ったきっかけというのが「読んだ本を日付とともに記録」ということなのであった。

昔は日記CGIを使って日付・本の題名・筆者名と2~3行程度の感想メモを書いていたのだけど、いつの間にか他人が書いたネット上の文章を読むことに時間をとられるようになって、あまり本を読まなくなってしまい、読書記録がネットを通して考えたことを記録する場になってしまった。

最近、電車通勤をするようになって、往復で2時間以上の読書タイムが確保できるようになり、20年近く積読状態になっていた本などを読んでいる。

明らかに「積んだまま読んでいない」と分かっている本とか、「既読だけど面白かったのでまた読もう」と手に取った本の場合は良いのだけど、中にはあんまり印象に残っていなくて“まだ読んでない”と思い込んでしまった本に遭遇してしまうことがあるのが厄介。

ここ数年は図書館を利用することも多いのだけど、シリーズ物で似たような題名の図書だと、どこまで読んだのか覚えていないことも。

読み始めてすぐ気付いた場合はまだ良いのだけど、稀に三分の一くらい読んでから既読図書だと気付くのが痛すぎる。

……ということで、ここの所サボっていた「○月に読んだ本」の記録を再開することにした。

で、後から既読本かそうでないかを確認しやすくするために、こんなブックマークレットを用意してみた。

javascript:url=location.href;r=url.match(/\/(ASIN|product|dp)\/([^\/]+)/i);n=RegExp.$2;void(window.open('http://ekken.blog1.fc2.com/?q='+n));

Amazonの商品個別ページで実行すると、そのasinナンバーをこのブログ内検索してくれるモノ。

読んだ本の記録には、そのほとんどにAmazonアソシエイトリンクを使っているので、これで大体ヒットするはず。

FC2ブログユーザーは、赤太字部分を自分のFC2ブログのURLに変更すると使える。

他社ブログサービスユーザーの場合、記事内検索機能があればURL置き換えで使えると思うけど、googleサイト内検索を使う場合、サイドバー他に表示させているAmazonアソシエイトリンクも抽出されちゃうので検索精度がダメダメっぽい。

ちなみにどこまで読んだかすぐ忘れる本は、コレ。


今このウィジェットを眺めても、どれが読んだやつでどれが読んでいないのか、サッパリわからない。

ま、読み返しても面白いから良いのだけど。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1073-842de7cc
Listed below are links to weblogs that reference
Amazonの個別ページから、自分のFC2ブログで紹介した記事を探すブックマークレット from ekken

Home > Web > Amazonの個別ページから、自分のFC2ブログで紹介した記事を探すブックマークレット

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。