スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1072-914d3efa
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > トラックバックを送らない反論が臆病とかいう話

トラックバックを送らない反論が臆病とかいう話

言及の際にトラックバックを送ってこないのは卑怯(臆病)者だ、という主張をたまに見かけるのだけど。

ここではJSFさんの記事を例にします。

はてなブックマークなら反論を受けないと勘違いして出鱈目な事を吠えたばかりか、せっかくブログで反論記事を書いてもトラックバックも送ろうとしない・・・単なる臆病者。

「反論記事」内容の妥当性についてはここでは考えませんが、トラックバックの確認ができないことを「反論の際にトラックバックを送ってこない」と非難するのはどーなんだろ、と思いました。

トラックバックというのは、本人は送ったつもりでも実は結構失敗することがあるのですね。

私は他者のブログエントリに言及する際、必ずトラックバックを送信するようにしていますが、投稿後に相手のブログを確認してもトラックバックが反映されていないことがたまにあります。承認制を採っているブログならばともかくも、そうではないブログでもトラックバックが送受信が確認できないことはあるのですね。

そもそも「トラックバック」は何のために行うのか、というと……

人によってさまざまな解釈があるのだろうけれど、「反論を書いた」というケースにおいては「言及通知」が主たる目的でしょう。

今回のJSFさんのケースで、相手(bogus-simotukareさん)が送った(「送ったつもり」を含む)のか送っていないのかはわかりませんが、彼が送信したか否かにかかわらず、リンクタグで括って言及している以上、リファラが送られ、JSFさんにはアクセス解析を通して通知がなされています。Seesaaブログにはデフォルトでその機能があるほか、JSFさんはわざわざ別途に忍者ツールを利用して解析を行っているのだから、bogus-simotukareさんが「反論したのを知られると恐ろしい」という“臆病者”ということは有り得ないですね(相手にアクセス解析がついていることにも気付かずに「トラックバック送っていないからバレるワケないもんねー」などと思っているマヌケである可能性がゼロとは言えないけど)。

JSFさんのアクセス解析に表われる「リンク元」が多すぎて、トラックバックを送ってこないbogus-simotukareさんからのリンク元に気付かないということはあったとしても、リンクタグで括っているbogus-simotukareさんのほうが「JSFさんに言及がバレる事を恐れた」とはちょっと考えにくいよね。相手が怖くて知られたくないのなら、対象を適当にぼかして書くとか、不完全なURL記述やクッションページを介してリンクするなどの方法があるわけです。トラックバックは「言及相手に積極的にお知らせする」という意味があるものの、「送信しないこと」が「相手に見つかりたくない」(=臆病/卑怯)というものでもないでしょう。


なお、JSFさんのエントリに寄せられているはてなブックマークのコメントにはトラックバックって相手に自分の記事を読ませたい場合に使うんでしょ?(cf.はてなブックマーク - トラックバックを送って来ない臆病者のbogus-simotukare氏 : 週刊オブイェクト)」という意見があって、それもひとつの考え方だとは思うものの、私個人は「相手(だけ)に読ませることが目的ならば、トラックバックを送らなくとも伝わるだろう」と考えています。トラックバックをもって通知するのは、言及相手というよりも言及先の読者のほうではないかな、と。



関連


追記

ここで「いちいちアクセス解析のリンク元なんて確認してられないよ! トラックバック送れよ!」と仰る方もいるかもしれませんが、トラックバックを送る/送らないは、送信者側のポリシーに基づくものなので、これを強制するのは難しいだろうなぁ。そもそも「確認してられない」のだとしたら、なぜわざわざウェブサイト表示を遅くしてしまうような解析ツールを導入しているの? という話にもなってきます。忍者ツールなどのアクセス解析によるリンク元の確認は確かに面倒だとは思うので、もっと手軽に言及元を把握したいという人は、track linkを利用すると良いです。外部からのリンクジャンプがあると、それをメールやRSSフィードで通知してくれるサービスです。これは便利。

blog comments powered by Disqus

Comments: 20

#4145 No Name URL 2009-09-16 Wed 21:53

>そもそも「確認してられない」のだとしたら、なぜわざわざウェブサイト表示を遅くしてしまうような解析ツールを導入しているの? という話にもなってきます。

意味不明だなぁ。
大雑把に来訪者の傾向を知る為に解析ツールを導入してる人なんて一杯いるでしょ。
数千~数万のユニークIPアドレスを一つ一つ虱潰しに確認して、
誰が反論エントリを書いているかなんて貴方は確認できるんですか?

#4146 2-と URL 2009-09-16 Wed 23:14

議論を望んでいるのなら当然相手の反論を求めるのでは?
「相手の反論はいらない、一方的にいちゃもんをつけたいだけ」というなら別ですが。
円滑で公正な議論には相手側に自らの主張を正確に伝え、またこれの反論を求める、
というプロセスは外せないでしょう。
その際にトラックバックは非常に有効なわけで……。

#4147 ekken URL 2009-09-16 Wed 23:19

トラックバックは相手に受信機能が備わっていれば、どの形態のウェブサイトからでも送ることができるので、「反論した」という事実だけで全てトラックバックが送られていたら、結局はアクセス解析のリンク元とさほど変わらないと思いますが。

#4148 ekken URL 2009-09-16 Wed 23:21

> 議論を望んでいるのなら当然相手の反論を求めるのでは?
「議論を望んでいる」のならばトラックバックは有効、というのには異論ありませんが、反論を書く人が必ずしも議論を望んでいるわけではないですよね。

#4149 No Name URL 2009-09-16 Wed 23:32

>結局はアクセス解析のリンク元とさほど変わらないと思いますが。

リンクを張っただけでは、アクセス解析には何も残らないのですが。
誰かが踏まない限り。

>「議論を望んでいる」のならばトラックバックは有効、というのには異論ありませんが、反論を書く人が必ずしも議論を望んでいるわけではないですよね。

それならそもそもブログに書く意味が無い。

#4150 ekken URL 2009-09-16 Wed 23:37

> リンクを張っただけでは、アクセス解析には何も残らないのですが。
> 誰かが踏まない限り。

あぁ、そうですね。これは私が他サイトへリンクした時に、まずは自分でワンクリックするという習慣からの思い込みかもしれません。
ただし記事をアップしてから数日以内に「誰からも踏まれないリンク」は、もともと誰の関心も得られない言説だと思うので、そういうものは放置しておいてもなんら害はないと思うのが一つ。
それと誰からも踏まれないリンクであろうとも、カンタンに相手に悟られるリンクを記述している以上、その人がトラックバックを送らないことを「臆病者/卑怯者」というのはありえないと思います。
(相手にバレないと思ってやっているのならば、マヌケだと思いますが)

#4151 No Name URL 2009-09-16 Wed 23:42

>それと誰からも踏まれないリンクであろうとも、カンタンに相手に悟られるリンクを記述している以上

踏まれない限り、悟られる可能性はほぼゼロです。
何か根本的にリンクとかトラックバックが何なのか理解出来てないのでは?

#4152 ekken URL 2009-09-16 Wed 23:46

> 踏まれない限り、悟られる可能性はほぼゼロです。

んなことはないでしょう。
自分の書いたものに対しての反応が気になるのならば、エゴサーチと言う方法だってあるわけですよ。
少なくとも私は、トラックバックもない、リファラも飛んできた形跡のないこのブログに対するリンク元をいっぱい見つけています。
書いたものに対する反応が気になる人が「トラックバックが無いから/リンクが踏まれていないから」悟られる可能性はほぼゼロ、というのは、単に反応探索スキルが低いだけなのでは?

#4153 No Name URL 2009-09-16 Wed 23:49

そもそも、リファラーを吐かないようにするブラウザやセキュリティソフトなぞ
いくらでもあるこのご時勢に、リンク張ってるからリファラー見れば分かるとか
言ってる時点で論外でしょ。

#4154 ekken URL 2009-09-16 Wed 23:58

> リファラーを吐かないようにするブラウザやセキュリティソフト

反論記事を書いた人が、そういう方法を持って「相手に知らせない」ようにすることは可能でも、その記事を読んだ人全員がそうしているわけが無いのでは?
公開されている文書を読んだ人が、そこに記されているリンクのジャンプ方法を制御することはできないでしょ?
(ワンクッション挟むというリンクをしているのならば別ですが)

#4155 なな URL 2009-09-17 Thu 00:11

ブログ主が「トラックバック機能」のレーゾンデートルを決めるのは自由だが、
それを他人に押し付けている限り、共感が得られることはないだろう。

トラックバックが技術的に、相手の言動ないしその一部に対し、
「リアクションを起こした事を通知ないし周知するためのシステム」である限り、
「トラックバックは「相手へのリンク通知」じゃないんだよね。」とどれだけ主張しても、
「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」ですよ。

「トラックバックは「相手へのリンク通知」じゃないんだよね。」が独善や主観ではないとおっしゃるなら、
トラックバックとはどういう機能で何を目的とした技術的ガジェットなのか、正確に断言するべきですね。

#4156 ekken URL 2009-09-17 Thu 00:20

> トラックバックとはどういう機能で何を目的とした技術的ガジェットなのか、正確に断言するべきですね。

トラックバックは、その受信機能を有したウェブサイトに対し、一方的且つ半ば強制的(「半ば」としたのは承認機能やリンク必須の場合があるので)に「送信者のリンクを行う」機能なんじゃないかなぁ。(受信しても表示しない選択肢もありますが)
で、その「目的」は、トラックバックを使う人によって様々な解釈があるので、一概に「こういう目的」とは言いがたいですね。

個人的にはある程度の言及リンクがなされているウェブサイトからは送信して欲しいとは思いますけど、相手の記事の内容の如何を問わず、それが無いことを批判すると、議論の方向がおかしなものになると思います。
必要であれば反論された側が新たに「こんな反応がありましたが……」とリンクと再反論をすれば良いと思うので。

#4157 No Name URL 2009-09-17 Thu 01:01

オブイェクト側は別にトラックバックには拘ってないんだ。反論を書いたらコメント欄にでも書いて知らせてくれ、トラックバックでもメールでもコメント欄でも何でもいいから、こっちが気付くようにしてくれ、でないと見逃すから、というもの。この要求はそんなにおかしなものかね?

あとボーガス側は恐らく、トラックバックと言うシステムそのものを理解していない。発言内容を見る限り、オブイェクトにトラックバックを送るべきなのはscopedogなのに、その逆の非難をしていたから。きっと彼はブログそのものを使い始めたばかりなんだろう。

#4158 なな URL 2009-09-17 Thu 08:36

>トラックバックは、その受信機能を有したウェブサイトに対し、一方的且つ半ば強制的(「半ば」としたのは承認機能やリンク必須の場合があるので)に「送信者のリンクを行う」機能なんじゃないかなぁ。(受信しても表示しない選択肢もありますが)

「トラックバック」という機能の技術的目的が何であるのかを尋ねたわけですが、的外れです。

「一方的」は理解しますが、「強制的」というのは意味不明ですね。
トラックバックという通知機能そのものを忌避するのであれば、トラックバックを使わなければ(送らなければ)よいわけですし、送られた側も取るに足りないと判断するなら放置すればよいわけですから、意味が通じません。


>で、その「目的」は、トラックバックを使う人によって様々な解釈があるので、一概に「こういう目的」とは言いがたいですね。

また、普遍的な「トラックバックする目的」を尋ねたわけではなく、あなたがどういう解釈をしているのかを尋ねたわけですが、これも的外れな珍答ですね。
JSF氏の論点がどこにあるのかすら、理解していないように思われます。


JSF氏とbogus-simotukare氏の争乱は、元々bogus-simotukare氏がJSF氏のエントリに対してはてブで挑発的、また論拠に乏しい感情的罵倒や揶揄を繰り返したことに起因しています。
それゆえにJSF氏は、bogus-simotukare氏の一連の行動を「反論されないと思ってはてブでこそこそコメントしている」と評したわけです。

更に、JSF氏は以前にscopedog氏という方とウェブ上で舌戦を繰り広げており、scopedog氏は散々JSF氏を挑発ないし揶揄しておきながら、いざ自分の分が悪くなると、「批判はするがトラックバックを送らず、相手の反応がないことを理由に勝利宣言するようになった」という経緯があります。

トラックバックというのが技術的に「相手にリンクしたことを通知する機能」である限り、そこに純然たる引用目的に適わない批評や批判が含まれている場合、ある種のディベート誘発装置にもなるわけです。
都合の良し悪しで使い分けること自体は批判しませんが、都合のよいときにはトラックバックを送って相手を揶揄するのに、いざ都合が悪くなったらトラックバックを送らずに沈黙、あるいは相手の返信を封殺した上で反論するという行為が卑怯でないと称するのは、明らかな牽強付会でしょう。
ましてや自らトラックバックを送っておきながら、反論されるや否や言い訳に転じ、以後無視するというのもおかしな話です。

JSF氏が、自身の批判に関してトラックバックによる通知を重視しているのはこのような経緯があってのことですので、そのような経緯をまるまる無視して「トラックバックを送らない反論が臆病と称するのはおかしい」と言い張るのは、あまりにも主観的ではないでしょうか。

#4159 ekken URL 2009-09-17 Thu 12:40

■#4157

「反論を書いたら知らせて欲しい」という要求は、私もそんなにおかしなものではないと思います。私自身、それを強制することは無いもののトラックバックを送信して欲しいと思っていますから。
ただ「反論を書いた」は必ずしも相手との議論を望んでいるとは限らないでしょう。
また、このエントリの冒頭では「トラックバックは必ずしも送信がうまくいくとは限らない」ということを説明しています。
bogus-simotukareさんがトラックバックを送信したのか、していないのかは、これを書いた時点では不明でした。(bogus-simotukareさんがどこかでそのことに触れていたかもしれませんが、私はそのことには気付いていません。参考リンクがあったらお願いします)
なので、「反論を書いているのにトラックバックも送ってこない臆病者」という罵倒とも受け取られかねない表現は、互いになされている言及内容の価値を貶めることにしかならないと思いました。

■#4158

私がトラックバックをどう考えているのかは、このブログ上では何度も表明しているので、上方にある「search」のタグをクリックし、タグ検索で「trackback」でヒットするものをお読みいただければ幸いです。ヒトコトで言えば「言及通知」であり、おそらくはJSFさんと変わりない考えだと思います。

>JSF氏の論点がどこにあるのかすら、理解していない~
すみません、私はJSFさんとbogus-simotukareさん他でなされている本来の議論の内容については、まったく関心がありません。
ですが、今回私が取り上げたのは、トラックバックの送受信なんて議論の本質には無関係なことなのに、送られていない(あるいは送られたことが確認できない)ことについて反撃の材料にするのは、JSFさんにとっても有益なことではない、と思ったからです。
(もちろん、相手の意見内容とは無関係に、とにかく相手をギャフンと言わせたいというのなら、これもアリだとは思います)

後半に書かれている過去のやり取りの説明については、ありがとうございました。
その経緯は知らなかったので、後で気が向いたら検証してみます。

#4160 ただの名無し URL 2009-09-17 Thu 19:35

少なくとも臆病者かどうかに関しては、臆病者ではないと私も思います。
そもそも何も書かなければいいわけですし。

ただ、追記部分に関して少しだけ。

>トラックバックを送る/送らないは、送信者側のポリシーに基づくものなので、これを強制するのは難しいだろうなぁ。

トラックバックに限定すればそうかもしれませんが、"通知"という点に関して言えば、今回のbogus-simotukare氏は通知するのが「批判して反論を受けた側」の責任じゃないかと思います。
「臆病者か否か」について「アクセス解析があるのでトラックバックは無関係」と考えるのは一理あると思うのですが、「通知する責任が生じた側がアクセス解析に頼ること」は間違っていると思うのです。
そもそも「そんな責任生じない」とか「通知する責任が生じた側がアクセス解析に頼ることを肯定しているわけではない」といった場合は別ですが…。

#4161 なな URL 2009-09-17 Thu 22:02

>ヒトコトで言えば「言及通知」であり、おそらくはJSFさんと変わりない考えだと思います。

「言及通知」がトラックバックの機能的ガジェットだと考えているのであれば、それで結構です。
 とするのであれば、「トラックバックを送らないは、送信者側のポリシーに基づくものなので、これを強制するのは難しいだろうなぁ。 」というのは、矢張り無意味な言葉ですね。
(「送る」に関しては意味が通じるので、問題ありません)

>トラックバックの送受信なんて議論の本質には無関係なことなのに

あくまでも、根拠のない誹謗中傷をブクマで散々つける相手が、その根拠のない誹謗中傷に対してしっかりとした反論を行い、
トラックバックを送ったにも関わらず、トラックバックを返さないという状況を認識できていないのが問題、という話です。

JSF氏はbogus-simotukare氏にトラックバックを送ってから一週間ほど猶予をおきましたが、その間、bogus-simotukare氏がはてブコメントに投稿していたのは確認していますが、連日JSF氏のエントリに対するはてブコメントに顔を出しては誹謗中傷していた彼が、なぜか一切現れないという不可思議な現象も生じています。
JSF氏がこの様子を卑怯者と認識するのに、間違いはあるでしょうか?

JSF氏は何も、「トラックバックしない事を卑怯だと論じているわけではない」のです。
あくまでも、「根拠のない誹謗中傷を続ける相手に確固とした反論を行ったにも関わらず、分が悪くなった途端、逃げるようにコメントをつけなくなり、批判内容に対して一切の反論を拒否した相手を卑怯者だと論じている」だけなのです。

なおbogus-simotukare氏は、トラックバックを返さなかった理由に関して様々な状況を想定して言い訳をされていましたが、JSF氏に対してトラックバックを返さなかった理由を明確には語らず、はてブコメントで「(私に限れば)ボキャ貧だし、面倒臭いから常に相手する訳じゃないだけの話だけどね」と述懐するに留まりました。
自らがJSF氏を誹謗中傷するのは自由であるのに、いざ反論されたらそれに答える義務はないとするのは、果たして卑怯者ではないのでしょうか?

「トラックバックを送らない」=「臆病者ではない」という認識は私も正しいと思いますが(批判に限らず、引用したのに通知しないというのは不躾だとは思いますが、さておき)、
このエントリで引用しているJSF氏の発言内容は、経緯があってのことと理解した上で引用していないのなら、それは明らかな牽強付会であり、訂正すべきでしょう。
知らなかったで済ませるのは、余りにも牽強付会です。

#4177 すが URL 2009-10-12 Mon 17:54

一般論としてはブログ主さんの意見に同意できる部分が多いです。
トラックバックにもエラーはあるという部分は特に。
ただし、事例として挙げたケースの場合はいかがなものなのか、と思います。

JSF氏は反論を書くのであればトラックバックを、という意見を表明しているのですが、scopedog氏はそれをおそらくは無視している。一回くらいならばエラーということもあるでしょうが、トラックバックが生成されているかどうかは自分の目で確認ができるわけですから、意図的にトラックバックを張らないようにしている可能性が高い。
そしてscopedog氏は間欠的にJSF氏を挑発するようなエントリーを書いている。
もちろんJSF氏の臆病者といった表現にも行きすぎはあるのでしょうが。

第三者からみるとこれはもうどっちもどっち。
いろいろな行きがかりが蓄積してしまっているのですから、scopedog氏はトラックバックを貼った反論を行ってきちんと当人同士で片を付けてもらうのが一番かと。

最初に戻りますが、このような事例を取り上げて一般的なマナーとして論じようとするブログ主さんのスタンスはいかがなものかとも思います。
稀な事故例を誇大に取り上げて世論をリードしようとする活動家のような臭いを感じてしまうのは私だけでしょうか。

#4178 ekken URL 2009-10-12 Mon 19:10

JSFさんのブログは普段読んでいないから、よくわかりません。

#4179 すが URL 2009-10-13 Tue 20:00

>ekkenさん

こいつは一本取られました。
今までに見たことがない類の切り返しですね。素晴らしい

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1072-914d3efa
Listed below are links to weblogs that reference
トラックバックを送らない反論が臆病とかいう話 from ekken

Home > Web > トラックバックを送らない反論が臆病とかいう話

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。