スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1063-a54198d2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 「特別な事情」は自分だけにあるとは限らない

「特別な事情」は自分だけにあるとは限らない

よしもとばななさんの居酒屋ワイン持ち込み話の続き。

まだオリジナルを読んでいないので、今回の話題の発端となったじっぽさんのエントリから引用。

店長には言わなかったが、もっと書くと実はそのワインはその子の亡くなったご主人の散骨旅行のおみやげでもあった。人にはいろいろな事情があるものだ。

相手にもいろいろな事情があるんじゃない?

店長の側にも、ばななさんが思いも付かなかった‘特別な事情’があったのかもしれない。

上の立場の人から、持ち込みついて「いかなる理由があろうとも認めてはいけない」と釘を刺されているとか、過去に‘特別な事情’を認めたために、客が調子に乗ってしまって痛い目にあったとか。‘特別な事情’は自分にだけあるものじゃないよね。



ここで、ばななさんの話とはちょっとかけ離れちゃうのだけど、変わった事例を思いついた。

飲食店で二時間飲み放題のコースがあったとして。

この場合、予め認知している定額料金を支払えば、客は用意されているお店の酒を制限時間内で自由に飲むことができるのだけど……

店が用意しているビールはS社のものだったので、K社のビール好きの客が持ち込んだKビールを飲むのはアリなのか?

事前に了解を貰って飲むのは、アリだろう。

もともと(店が指定した酒ならば)飲み放題なのだから、規定料金を払う客が自分で持ち込んだ酒を制限時間内で飲むのならば、店の損益はないだろう。店の不利益にならないのなら、それぐらい融通を利かせろよ…… とは一概には言えないんだよなぁ。

S社ビールしか置いていないその店は、酒の仕入れに関して特定の一社から数をまとめて仕入れることを条件にコストを下げているのかもしれない。仕入先が空き瓶を下げる際に、他社の空き瓶があることに気付き、条件が破られたことに立腹した仕入先が低価格契約を他所の居酒屋と同じ通常契約にするかもしれないよね。そうなると店はこれまで通りの料金設定では利益を維持できなくなるわけで。

Kビール好きの客のワガママを聞くことで、あるいは彼の人脈によって今までより多くの新規客があるかもしれないけれど、そのメリットが失うメリットよりも大きいという保証はどこにもないんだよなぁ。

K社ビール党のワガママな客には、他人にはわからないような「K社ビールでなくてはならない特別な事情」があったのかもしれないけれど、それならば確実にK社ビールを提供してくれる店を選べば良い話で、他人が知る由もない‘特別な事情’は店の方にもあるのかもしれないよね。



関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1063-a54198d2
Listed below are links to weblogs that reference
「特別な事情」は自分だけにあるとは限らない from ekken

Home > 未分類 > 「特別な事情」は自分だけにあるとは限らない

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。