スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1046-bb0cc3f2
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > 「反論されている事に慣れていないのですね」が間抜けに見える問題

「反論されている事に慣れていないのですね」が間抜けに見える問題

おそらく巡回先の何処かで見かけたことを元に書いたものだとは思うものの。

あるAさんがブログに何かを書いたとして、どこかのBさんがAさんを批判するブログやコメントを書いて、そしてAさんがBさんの意見に対してさらに反論したり批判したりした場合に、「Aさんは反論されたり批判されることに慣れてないんですかねえ、ネット上に意見を書くということは誰から批判されるか分からないということですよ」とかいう間抜けな反論をするBさんがときどき出て来るのは何故なんだろう。

phaさんが想定しているそのケースでは、確かにBさんが間抜けに見えるのだけど。

観測範囲の違いといえばそれまでかもしれないが、実際にはphaさんが想定しているケースを見たことがない。

  • Aさんがブログに何かを書く→BさんがAさんの批判をする→AさんがBさんに再反論する→Bさんが「Aさんは反論されることに慣れていないのですね」

このケースではBさん間抜けというphaさんに異論はないのだけど、私が実際に見かけることが多いのは、次のパターンだ。

  • Aさんがブログに何かを書く→BさんがAさんの批判をする→Aさんが「他人を批判するなんてネットマナーに反していると思います!」→Bさんが「Aさんは反論されることに慣れていないのですね」
  • Aさんがブログに何かを書く→BさんがAさんの批判をする→Aさんが「Bうぜぇよ。死ねよカス!」→Bさんが「Aさんは反論されることに慣れていないのですね」
  • Aさんがブログに何かを書く→BさんがAさんの批判をする→Aさんが「IP晒すぞ、ゴルァ!」→Bさんが「Aさんは反論されることに慣れていないのですね」

要するにBさんが「Aさんは反論されることに慣れていないのですね」と持ち出すのは、Bさんの異論に対してAさんがキレちゃう場合が多く、AさんがBさんに再反論をしているケースにおいては、ほとんど見られないように思う(あくまで私の観測範囲内の話)。この場合においてより間抜けに見えるのは、BさんではなくAさんになる。

Bさんを間抜けにするのは、phaさんの例とは別にあって、Bさんの最初の発言が(他の多くの人から見て)反論や批判とは言い難いもの(ただの罵声や嘲笑)なのに、Bさん自身は「反論/批判」と考えているケース。Aさんの対応を見てさらに相手を煽ることを目的に「Aさんは反論されることになれていないのですねwww」というやり取りなら、たまに見かけることがある。

この場合のBさんは、自分が考える「反論」と同じようなことを相手にやり返されると、相手のそれは「反論」とは認めずに「単なる罵倒」扱いをし始めるのが面白い。

Bさんがよく使う‘武器’は、実はBさん自身にもっとも効果的だったりする。

blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1046-bb0cc3f2
Listed below are links to weblogs that reference
「反論されている事に慣れていないのですね」が間抜けに見える問題 from ekken

Home > Web > 「反論されている事に慣れていないのですね」が間抜けに見える問題

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。