スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1015-f0b92f73
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken
Trackback from なマレンジどん 2009-05-15 Fri 23:55

確実に読んでもらう方法はない。そこで、工夫の出番ですよ。 

さて、僕のこの返答、ヤマダ君が確実に読んでくれるという保証はどこにあるのでしょう。 ブログのコメント欄での応答も、相手が読むかどうかは分からないのでは? 無いです。それ... (more…)

Home > スポンサー広告 > ブログのコメント欄での応答も、相手が読むかどうかは分からないのでは?

ブログのコメント欄での応答も、相手が読むかどうかは分からないのでは?

はてブネガコメ排除キャンペーン2009年5月の陣関連で、ma_zuさんのエントリが興味深かった。

『はてなブックマークコメントにはPermalinkもidコールもあるのに、なぜ「反論するコストが高い・面倒」と思えるのか』という問いに対し、かなり説得力のある説明だと思う。正しいか否かは別として、読み物として面白かったので一読をオススメします。

ただし、一点だけツッコミを入れさせてもらうと。

要するに対象が読む確率の問題というか、対象のテリトリー内(ウチ)に入って意見を述べないと、対象に伝わる可能性が低いわけで。

非はてなユーザーが自分のブログのエントリに対し、はてブコメ付けられて、それに反論したいとする。

その場合、対象ユーザーへのIDコールも出来ないし、対象ユーザーがダイアリーも書いてなくて、プロフィールにもメールアドレスが公開されてなかったら、自分のブログに追記として反論書いても読んで貰えるかどうかわからないし、確実に読んで貰う方法が無いよね。

はてなブックマークコメントへの反論方法として、元になった記事にブクマコメントを引用して追記したら良い、というostuneさんの意見に対する(ma_zuさんが仮想したアンチはてブ者の)主張なんだけど。

この方法が、反論相手に確実に読んでもらえるわけではない、というのはそのとおりなんだけど、それって「自分のブログのコメント欄」で行われた批判に対する反論も同じなんだよね。

たまにこのブログのコメント欄でも見かけるんだけど。

ヤマダ(仮名):「ekkenの主張はホゲホゲフガフガといった理由でおかしい! ekkenの主張に根拠なし!」

というコメントが寄せられたとして。

納得できなかったので、僕がそれに反論します。

ekken:「いや、その辺の考察は既にモガモガによってなされているわけで、詳しくはそちらをご覧ください」

さて、僕のこの返答、ヤマダ君が確実に読んでくれるという保証はどこにあるのでしょう。

ヤマダ君の書き込みが所属を明らかにしたものであれば、当人に「読んでくれた?」とか「返事を書いたので読んでね」といった連絡を行うことができるかもしれません。しかし、Eメールアドレスの記入がなく、URLの存在を明らかにしていない場合は、彼がもう一度読みに来てくれるかどうか分かりません。仮に読んでくれたとしても、反論に対して何も言い返さない場合は、僕にとっては「読んでくれなかったのと同じ」と判断するしかありません。

しかし非はてなユーザーがはてなのサービスの中で行われたコメントに対して反論したい場合、IDを取得すればごく簡単に行うことができます。IDの取得はメールアドレスさえあれば誰にも制限されていないことなので、このコストが高いとは僕には思えません。「いや、ekkenはコストが高くないと思っていても、他の人にとってはコストが高いんだよ」という反論もあるかと思いますが、少なくともどこの誰だかわからない相手(先ほどのヤマダ君)相手に「返事を書いたよ」と確認する行為よりはコストが低いはずです。

もちろん、はてなのIDを取得して相手に確認をしても、相手が返答を行うか否かはわかりませんが、コメントをした人の特定はできているので「いや、俺そんなコメントなんかしていないもんね」とシラを切ることはできませんね。

はてブ上でのコメントは、発言者を特定できて、コメントの履歴も確認できるけれど(サブアカの取得などでごまかすことが不可能ではないけど、サブアカは大抵バレている)、自分のブログのコメント欄ではopenIDなどの認証制度を設けていない限りは、たとえコテハンを利用していても名無しさんと同レベルです。



関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 1

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1015-f0b92f73
Listed below are links to weblogs that reference
ブログのコメント欄での応答も、相手が読むかどうかは分からないのでは? from ekken
Trackback from なマレンジどん 2009-05-15 Fri 23:55

確実に読んでもらう方法はない。そこで、工夫の出番ですよ。 

さて、僕のこの返答、ヤマダ君が確実に読んでくれるという保証はどこにあるのでしょう。 ブログのコメント欄での応答も、相手が読むかどうかは分からないのでは? 無いです。それ... (more…)

Home > Web > ブログのコメント欄での応答も、相手が読むかどうかは分からないのでは?

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。