スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
blog comments powered by Disqus

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1009-8cd27b6d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from ekken

Home > スポンサー広告 > はてブのマイナス評価軸はやっぱり要らんなぁ

はてブのマイナス評価軸はやっぱり要らんなぁ

はてブのマイナス評価軸は要らんなぁ に寄せられたはてなブックマークコメントより。

しかしネガコメやそれへの批判を認めるならマイナス評価軸もあっていいのではなかろうかとか。自動で非表示はアレだが
書いてある内容にはほぼ同意だけれど「自動で非表示」がいらないだけでマイナス評価軸は個人的にあってもよいなぁ。9割の人にマイナス評価されていても自分の判断とは別問題なので(全く影響を受けないとはいえないが)

これらの反応を読んで、確かに「自動で非表示にされなければ」アリかもなぁ、とちらっとだけ思いました。ついでに言うと、その設定をオンにしている人のダイアリーには「マイナス評価コメント非表示中」のアイコンかなんかが明示されていると良いなぁ。相手が「自分のブックマークコメントは読まない」事がわかっていれば、言及の方法が変わってくるだろうから。あ、アイコンのデザインは耳を塞いだサルなんかが良いかな。あるいは「俺の気に入らないコメント禁止!」をわかりやすくデザインしたものとか。

僕ははてなブックマークを「特定URLに対する‘100文字制限の言及とクリップ’に特化したブログ」と考えているので、ブクマのアホコメントマイナス評価軸を加えるのならば、はてなダイアリーの方にも設けるべきなんじゃないかな、と思います。ダイアリーの方でアホなこと書いている人もいっぱい居るしね! あ、そこに鏡を置くなよッ!

それで気に入らない人の発言にはbotでマイナス投票しまくって、やがて報復投票なんかもなされるようになって、誰も他人のダイアリーを読むことができなくなるのね。わぁ! そこではてなダイアリー死亡ですよ!

……と、まぁ、冗談っぽくなってしまったけど、前回も書いたとおり「Aにとってのアホコメントは、必ずしも他者にとってのアホコメントではない」ことから、マイナス評価軸には、やはり同意できません。ユーザー任意のオン・オフ設定があったとしても、「非表示化が可能」という点については、やっぱり反対することにしよう。

大多数にとってのアホコメントは、見えなくすることで解決するのではなく、多くの冷たい視線によって淘汰されたほうが、僕としては好ましいです。それでも見たくない人は、他人の評価をアテにするのではなく、自分自身で非表示IDを選ぶ現状方式を採ってほしい。

はてなブックマーク開発サイドの伊藤直也さんは、津田大介さんとの対談で、こう言っていました。

批判であれ、賛同であれ、その記事やエントリーに対するユーザーさんの感想みたいなものはネット上では「見られてしかるべき」と僕は思ってるんですよ。

激しく同意です。

行き過ぎた罵倒や暴力的発言は、これまでも通報により削除(非表示化)されているわけだし、そうでないものもユーザーの民意によって淘汰されていると思います。曲解に過ぎるコメントなどは「多くの人の目に留まる」ことによって間違いであることの指摘がなされます。指摘がなされないときは「被言及者は曲解と考えているけれど、他の多くの人はそうは思わなかった」ことになり、要するに被言及者の書き方のまずさの問題であることがわかりますね。

ところがマイナス投票による非表示化の場合、そのコメントが受け入れられなかった理由がまったく分からないのです。というか、そんなコメントがなされていることすら分からない。「コメントがなされていることすら分からない」ことが目的なのかもしれませんが、ある人の発言が何の検証もされずに排斥されるのは、どこかの独裁国家みたいで健全なことだとは思えないなぁ。

議論のようなものが行われて排除されるのならばともかくも、マイナス評価ワンクリックが集まっただけで非表示では、幼稚な喧嘩が始まるだけで、とても議論とは呼べないよね。

「議論をしたいわけじゃない、俺は俺の意見に対する俺が不快と思う反応を見たくないだけだッ!」という人は、黙ってアクセスコントロール可能なSNSに行けばいいと思う。

自分の意見に対して自分が望んだとおりの反応しか考えていない人には、全公開型のブログは向いていないと思います。

的外れなアホコメントが目に入るのがイヤなのかもしれないけれど、そのアホコメントがあることで恥をかいているのは、被言及者ではなく、そのアホコメントを書いた人のほうなんですよ。それが本当に「誰の目から見てもアホなコメント」だとすればね。

長くなったので、「マイナス評価自体はあってもいい」という主張についての意見は、いずれまた書こうかな。

関連
blog comments powered by Disqus

Comments: 0

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://ekken.blog1.fc2.com/tb.php/1009-8cd27b6d
Listed below are links to weblogs that reference
はてブのマイナス評価軸はやっぱり要らんなぁ from ekken

Home > Web > はてブのマイナス評価軸はやっぱり要らんなぁ

Tag Cloud
Search
Feeds

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。